林語堂

真の心の平和は、最悪の事柄をそのまま受け入れることによって得られる。心理学的に考えれば、エネルギーを解放することになるからであろう。

-[1895-1976] 中国の作家・エッセイスト 林語堂の言葉

この言葉、林語堂のどのエッセイか忘れたんですが、非常にバイカー修ちゃんの心に訴えた言葉なので す。先般、あるところに講演に出かけまして講演終了後にお客様から「この田舎に大規模小売店が出店することが発表になり反対運動を起こしている。バイカー 修ちゃん(本名で呼ばれましたが・・)はどう思うか?」と質問を受けました。確かに商店街の人たちは大打撃を受けるだろう。バイカー修ちゃんも地元では同 じ経験があるんだな。被害者として。そのときふとこの林語堂の言葉を思い出したんです。すべてを受け入れること。地域住民が賛成していればそれに逆らうこ とはできない。なぜなら地域住民は商店街の「お客様」だからです。お客様から仮に支持されない商店街ならばそれは自分のせいだと思うぞ。いかに商店街が シャッター通りになろうと、かならず支持されている店はあるものです。この世の中、自分の道は自分で切り開くしかないのだ。クールだけど。

月別 アーカイブ