セオドア・ルーズヴェルト

学校教育を全く受けなかった者は、貨車から物を盗むかも知れない。しかし、もしその人間が大学教育を受けたならば、鉄道ごとそっくり盗んでしまうかも知れないのだ。

-[1858-1919] 米国第26代大統領 セオドア・ルーズヴェルトの言葉-

アメリカ人のユーモアってすごいよね。大統領からしてこうだもん。っていうか、アメリカ人は「ユーモアを身につけねばならない」症候群があるらしい。ヨーロッパもそうなんだろうけど。「センスのいいユーモア」を身につけて一流の社会人らしい。いくらカネまわりがよくて、ハンサムor美人でも「話術が上手」かつ「ユーモアのセンス」がなければ認められないらしい。スピーチは内容にかかる時間の二倍を冒頭のジョークにあてるとまで言われているのだ。しかしユーモアに欠けるアメリカ人だっている。みんながみんなあんなノーテンキに大笑いして手に持ったものをぽいぽい投げ飛ばし、身体をゆすって歩いているわけではないのだ。であるから、ユーモアに欠ける人がかの国で生きるのは想像以上に大変なんですよ。

月別 アーカイブ