ルカによる福音書

新しいぶどう酒を古い皮袋に入れはしない。

-新約聖書「ルカによる福音書」第五章より-

新しいぶどう酒を古い皮袋に入れはしない。そのようななことをしたら、 新しいぶどう酒は皮袋を破り、流れ出したあげくに、皮袋もむだになるであろう。新しいぶどう酒は新しい皮袋にいれるべきである。 まただれも、古い酒を飲んでから、新しいのをほしがりはしない。『古いものが良い』と考えているからである」以上、新約聖書ルカによる福音書第五章の抜粋です。バイカー修ちゃんは仏教徒ですが、聖書って本当に奥が深いと思うね。2000年もベストセラーであるということがまずすごいが、今の新旧のパラダイムの変換をこれほど比喩(ひゆ)的に言い表すこともさすがであると思うぞ。新しいぶどう酒を入れるには「新しい袋」が必要なのだ。破れかけた袋につぎをあててむりやり押し込むからバカがいっぱい「にわか政治家」になってわけもわからず国会議事堂で拍手もするし、株屋さんが取引不能になるし、バラックのようなインチキマンションが建つし、木賃宿のおやじがトンデモホテルで人をだますわ、あげくのはてに号泣?まるで寅さん「男はつらいよ」によく登場するドサまわりの芝居一座「坂東鶴八郎一座」の「金色夜叉」みたいな芝居ですな。この新しい酒は「コンプライアンス」って名の酒だろう。古い酒の名は「ゼニ儲け」ってやつだろう。これはまた甘くておいしいんだろうけど、中毒になって寿命を縮めるんだ。「コンプライアンス」とちゃんぽんで飲むとショック死することもあるらしい。気をつけようっと。

月別 アーカイブ