ルイス・キャロル『不思議の国のアリス』

「教えていただきたいのですが、ここからどっちへ行けばいいのですか」

「それは、君がどこへ行きたいかでほぼ決まるな」とその猫は言った。

「わたしはどこでもかまわないの、ただ――」アリスが言う。

「それならどっちでもかまわないな」猫は答える。

「――『どこか』へ辿り着きさえすればね」とアリスは言葉を補った。

「そりゃあ、辿り着くとも」と猫、「辿り着くまで歩き続けさえすればね」

-[1832-98] 英国の作家・数学者 ルイス・キャロル『不思議の国のアリス』第6章(子豚と胡椒)より-

このルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』はまさしく不思議なハナシで世界的にもカルト的ファンが多い。

WEB上でもサイトは山ほどあるよね。バイカー修ちゃん的にはこの話、とっても「禅問答」的やり取りが多いのだ。

この第6章(子豚と胡椒)のキャロルと猫のやり取りを見てください。

まさしく哲学的なやりとりですねえ。

バイカー修ちゃんはこのあたりのやりとりに深く感銘します。子どものお話だからといって「手抜き」がないのです。

子どもの頃から「哲学的思考」を教えているのです。

ちなみに『鏡の国のアリス』で有名な双子のトウィードルダムとトウィードルディーでの会話では

「もしそうだったら、そうかもしれぬ。仮にそうだったとしたら、そうなるだろう。ところがそうではないのだから、そうじゃない」

というくだりもあります。

http://www.q-bic.net/biker_blog/2006/06/post-96.html

西欧人が「禅」に興味を持つ理由の一旦がここにもあると思うぞ。

ちなみに今日の一言の原文は

"Would you tell me, please, which way I ought to go from here?"

"That depends a good deal on where you want to get to," said the Cat.

"I don't much care where--" said Alice.

 "Then it doesn't matter which way you go," said the Cat.

"--so long as I get somewhere," Alice added as an explanation.

 "Oh, you're sure to do that," said the Cat, "if you only walk long enough."

となっている。

簡単な言葉で難解な表現ができる例文みたいなものですな。

難解な言葉で簡単なことを言う人はいっぱいいるけど。

月別 アーカイブ