ウィリアム・クーパー

知識は「これほど知っている」と誇り高い。知恵は「これ以上は知らない」と慎み深い。

-[1731-1800] 英国の詩人 ウィリアム・クーパー『務め』より-

これはバイカー修ちゃんがよく引用する詩なのですよ。今の世の中「知識人」は多いけど、見ていていい人ってかんじがほーぼゼロですよねえ。いい人もいないかわりに悪い人の質まで落ちてきた(こんな言い方ありかな?)なんか美学がないよね。誇りが低いように思うなあ。一部上場の会社は上場廃止になるし、マチ金なみの取立てサブマシンガン!ってかんじ。CMじゃないけど「♪どうする~アイ○ル♪」ですねえ。今、戦後の「道徳なんてどこふく風教育」を受けた人たちが70歳くらいになってるんだね。終戦時10歳くらいだともう戦前の教育を否定されちゃっているので、やたら「知識人」といわれる方々には「左翼的思想」の強い方が多い。そういう方々が教育界をしきってきたツケがこれだ。敗戦国っていうのはつらいねえ。戦前の教育はすべて×だもんねえ。戦前は明治も含め江戸時代も封建社会の「暗黒時代」だってバイカー修ちゃんたちも習ったんだから!ひるがえってドイツは「ヒトラー時代が間違っていた」という見解で、ドイツ文化そのものを否定したわけではない。まあここが戦後処理における同一文化か異文化かの認識の差だろうなあ。文化を否定された国の荒廃のすさまじさを日本人は知ったわけだ。日本ってすごいね。核兵器の唯一の被害者で、人類史上最悪の戦争の敗戦国で、人類史上最も経済的に成功した国で、2000年も国が栄えている。こんな国ないよ。世界に。おそらく21世紀は文化・哲学面で日本は台頭するだろう。日本にはものすごいバランス感覚がある。日本人は気づいてない人が多いけど、世界の人は気づきはじめている。この国の潜在性にね。

月別 アーカイブ