クロード・モネ

私は自然を追い求めているが、その本質は未だに把握できていない。こうして画家になれたのも、草花たちのおかげなのかも知れないな。
-[1840-1926] フランス印象派の画家 クロード・モネの言葉-

今日からお盆休みのところも多いだろうな。でも英国の飛行機テロ未遂事件のおかげでこりゃ夏の帰省と重なっててんやわんやだろうなあ。バイカー修ちゃんも奥さんのおばあちゃんの初盆なんです。100歳!(かぞえだけど)まで生きたおばあちゃんだった。さすがに今日からたくさんの人がお線香上げに来てくれててんやわんやだったです。バイカー修ちゃんはこのお盆の頃の夏の傾きかけた暑さが大好きです。今日も、ひどいにわか雨がありました。打ち水効果で5度くらい下がるんだなあ。モネの住んでたフランスがどういうところなのかはしらないけど、モネもこういう自然の中で絵を描いていたんだろう。目で見て頭の中で図案化し、二次元のキャンパスへ絵の具を使って再生していく。おそらく「絵を描く」という行為ほど脳細胞を活用する行為はあまりないかもしれない。三次元を二次元に表現するなんて人間の中でもできる人はごく一部だと思うぞ。バイカー修ちゃんも絵を描くからわかるのだ。絵はうまく描けない人の方が圧倒的に多いし、みんな三次元空間を脳で正しく把握できていない。デッサンは習ってうまくなるものではない。元々、感覚が狂っていると、どんなに詳細に書き込もうが、味のない料理をマイセンの皿に盛るようなもんだ。でもその感性を磨くのは、自然のエネルギーなんだろうなあ。

月別 アーカイブ