原マルチノの逸話

巡察使師父及び上表師父のお許しの下に、ゴアのイエズス会の館にて日本人コンスタンチノ・ドラード、これを版に刻すものなり。1588年

-天正遣欧使節随行員コンスタンチノ・ドラード(諌早出身:日本初の印刷職人)インドのゴアにて『原マルチノの演説』を出版する際印刷機に刻んだ言葉-

天正遣欧少年使節ってご存知ですか?

天正10年1582年、九州から大村純忠、大友宗麟、有馬晴信のキリシタン大名トリオが派遣した4人の少年使節だね。

ものすごくドラマティックで壮大な物語なんだ。

バイカー修ちゃんの住む長崎が主な舞台の発端となるんだよ。

その正使、千々石ミゲル、副使、原マルチノ中浦ジュリアンが長崎県出身なんだ。

この田舎の4少年が、マカオから喜望峰をまわり、ローマ法王の謁見するなんてすごいじゃないか!

そしてね。最近バイカー修ちゃんもよーく知ってる。長崎県南島原市の県立口加高校の大石一久先生が、長崎県諌早市多良見町の山で千々石ミゲルの墓を発見したんだ。

彼らはものすごい苦労したのに報われなかった。

でも彼らはまだ名前が残っているだけもましかもしれない。

実は名もない随行員がいたんだね。

長崎県諫早市出身というだけしかわからないコンスタンチノ・ドラードという人物が、四少年が日本人として始めて使ったハイデルベルグの印刷機(聖書を印刷したらしい)にこの言葉を刻んだらしいんだ。

ドラマだねえ。悲しいねえ。

何度も映画化されようとしたんだけど、あまりに話が壮大すぎて、製作ができないんだ。

ハリウッドあたりでなんとかならないかなあ。

でもバタくさい顔の四少年ではなあ・・。

月別 アーカイブ