スウェーデン女王(在位1632-54) クリスティーナ

恋は、耳から入るのではありません、目から入るのです。
-[1626-89] スウェーデン女王(在位1632-54) クリスティーナ(グスタフⅡ世の娘)の言葉-

意味深な発言だねえ。スウェーデン女王 クリスティーナは生涯独身だった。でも恋はしたわけだね。女王の恋ってどんな恋なのかなあ。ヨーロッパの王室って結構ハデなゴシップをまき散らすよね。チャールズ皇太子とカミラさんの不倫問題とか・・。でも生涯独身を通したってクリスティーナ女王になにがあったんだろうな。でも恋が目から入るってのは正直でいいよ。確かに目から入るよな。特に男性はすれ違う女性を必ず振り返って見てる。その女性も見られるような格好をしているもの。人間っていくつになっても恋がなければ生きてはいけないんだよね。また恋もしないような人間は魅力もないだろうし・・。

月別 アーカイブ