吉田兼好

名利につかはれて、閲かなる暇なく、一生を苦しむこそ、愚かなれ。財多ければ身を守るにまどし。害をかひ、わずらひを招く媒なり。身の後(死後)には、金をして北斗をささふとも、人のためにぞわづらはるべき。愚かなる人の目を喜ばしむる楽しみ、またあぢきなし。大きなる事、肥えたる馬、金玉の飾りも、心あらん人は、うたて愚かなりとぞ見るぺき。金は山に捨て、玉は淵に投ぐべし。利に惑ふは、すぐれて愚なる人なり。
-[1283?-1352?] 鎌倉時代末期~南北朝の歌人 吉田兼好(本名:卜部兼好(うらべのかねよし))「徒然草」より-

今日は高尚だよ。どうだい、700年も前から人間は名誉やカネにおぼれちゃいかんといいながら、これ700年たってもまったくかわっていない。世の中、ちんけな商売人とかがさ、ちょっと商売やって小金を持つとさ、見栄はって高級外車なんか買ってさ(バイカー修ちゃんもBNWに乗ってるだろ?バイクのBMWも持ってるだろ?ハーレーやドカティは?・・まあおいといて・・)お高くとまった奥さん(かどうかわかんないけど・・)あまり高級でもないロイヤルホストあたりで、ウェイトレスさんに無礼で尊大な態度をとっている光景を見るけど、本当に品格に欠けるねえ。こんな奴ほど、とんでもない借金をかかえてにっちもさっちもいかなかったりするんだよな。「金は山に捨て、玉は淵に投ぐべし」なんて岐阜県庁の人みたいにお札を焼いちゃったらいけねいけどね。でも人間、カネにこすっからい奴は失敗するね。幼少の頃に決定的になにかが欠乏してる奴が多いね、カネに汚い人は。悲しいことにこのような人は見てすぐにわかっちゃうんだよねえ。・・で、類友でこんな人には同じような人が集まってきて、騙したり騙されたりしてますます人間不信のスパイラルに陥っていくんだよね。かわいそうだけど。お金っていうのは、異性といっしょだよね。追うと逃げるし、自然体で生きているとそれなりに寄ってくるものじゃないかなあ。人間、いい人は安心できる人を探すもの。

月別 アーカイブ