トーマス・カーライル

過失の最大のものは、全くそれに気づかぬことである。
-[1795-1881] 英国の思想家・歴史家 トーマス・カーライルの言葉-

これ大事だぞ。先般福岡で親子が乗った車に公務員男がノーブレーキで後方から激突。海に転落して幼い子供が亡くなったよね。ほかにもこのような信じられないような事件は毎日起きている。これってみんな「気付きのスキル」が下がっていないかい?まさしくカーライルの言葉どおりになっているんだね。この対策は困難だ。個々人の心の問題だからね。気付かなくて不幸になるのは『本人』なんだ。知らない間に、人を不幸に陥れ、のうのうと生きている人もたくさんいる。罪悪感のまったく欠如した状態じゃ、解決のしようがないね。

月別 アーカイブ