聖徳太子

一に日く、和を以て貴しとなし、逆らうことなきを宗とせよ。
     上和下睦、事を論ずるに叶えば、
     事と理と自ら通じ、何事か成らざらん。
二に曰く、篤く三宝を敬え。三宝とは仏・法・僧なり。
三に日く、詔を承りては必ず謹め。君は則ち天なり、
     臣は則ち地なり。天覆い地載せて、四時順行し、
     万気通うことを得。
四に日く、群卿官寮、礼を以て本とせよ。
     それ民を治むるの本、要は礼に有り。
     上礼ならずんば下斉らず、
     下礼なくんば以て必ず罪有り。
五に日く、饗を絶ち欲を棄て、明らかに訴訟を弁ぜよ。
六に日く、悪を懲らし善を勧むるは、舌の良典なり。
     ここを以て、人の善を直さず、
     悪を見ては必ず匡せ。
七に日く、人各々任あり。掌ること宜しく濫れざるべし。
八に日く、群卿官寮、早く朝り遅く退け。
     公事はもろきこと靡く、終日にても尽し難し。
九に日く、信はこれ義の本なり。事ごとに信あるべし。
十に日く、忿を絶ち瞋を棄て、人の違うを怒らざれ。
     人皆心あり。心各々執るところあり。
     彼れ是なれば則ち我れ非なり、
     我れ是なれば則ち彼れ非なり。
     我れ必ずしも重なるにあらず、
     彼れ必ずしも愚なるにあらず。
     共に是れ凡夫のみ。
十一に日く、功過を明らかに察し、賞罰必ず当てよ。
十二に日く、国司国造官姓に治めることなかれ。
     国に二君非く、民に両主なし。
十三に日く、諸の官に任ずる者、同じく職掌を知れ。
十四に日く、群臣百寮、嫉妬あることなかれ。
     我れ既に人を嫉めば、人もまた我れを嫉む。
     嫉妬の患、その極を知らず。
十五に日く、私に背き公に向うは、これ臣の道なり。
     凡そ人、私あれば必ず恨みあり。
     憾あれば必ず同ぜず。
     同ぜざれば則ち私を以て公を妨げ、
     憾起これば則ち制に違い法を害す。
十六に日く、民を使うに時を以てするは、古の良典なり。
十七に日く、それ事は独り断ずべからず。
     必ず衆とともに論ずべし。
     大事を論ずるに逮んでは、
     若しは失有らんことを疑う。
     故に、衆とともに相弁ずれば、辞則ち理を得ん。

-[574-622] 用明天皇の皇子 聖徳太子「日本書紀」十七条憲法より-

「バイカー修ちゃん今日の一言」が並みの名言サイトとは違うことを示しちゃおう!今日の一言は教科書にも乗っている聖徳太子の十七条の憲法だぞ。以下にその原文を書いちゃうぞ。

 一日、以和爲貴、無忤爲宗。人皆有黨。亦少達者。是以、或不順君父。乍違于隣里。
然上和下睦、諧於論事、則事理自通。何事不成。
 二日、篤敬三寶。三寶者佛法僧也。則四生之終歸、萬國之極宗。何世何人、非貴是法。
人鮮尤悪。能教從之。其不歸三寶、何以直枉。
 三日、承詔必謹。君則天之。臣則地之。天覆地載。四時順行、萬氣得通。
地欲覆天、則致壊耳。是以、君言臣承。上行下靡。故承詔必慎。不謹自敗。
 四日、郡卿百寮、以禮爲本。其治民之本、要在乎禮。上不禮、而下非齊。
下無禮、以必有罪。是以、群臣有禮、位次不亂。百姓有禮、國家自治。
 五日、絶餮棄欲、明辨訴訟。其百姓之訴、一日千事。一日尚爾、況乎累歳。
頃治訴者、得利爲常、見賄聽言獻。便有財之訴、如石投水。
乏者之訴、似水投石。是以貧民、則不知所由。臣道亦於此焉闕。
 六日、懲悪勧善、古之良典。是以无匿人善、見悪必匡。其諂詐者、
則爲覆國家之利器、爲絶人民之鋒劒。亦佞媚者、對上則好説下過、
逢下則誹謗上失。其如此人、皆无忠於君、无仁於民。是大亂之本也。
 七日、人各有任。掌宜不濫。其賢哲任官、頌音則起。奸者有官、禍亂則繁。
世少生知。剋念作聖。事無大少、得人必治。時無急緩。遇賢自寛。
因此國家永久、社禝勿危。故古聖王、爲官以求人、爲人不求官。
 八日、郡卿百寮、早朝晏退。公事靡ナシ。終日難盡。是以、遲朝不逮于急。早退必事不盡。
 九日、信是義本。毎事有信。其善悪成敗、要在于信。群臣共信、何事不成。群臣无信、萬事悉敗。
 十日、絶忿棄瞋、不怒人違。人皆有心。心各有執。彼是則我非。我是則彼非。
我必非聖。彼必非愚。共是凡夫見耳。是非之理、 言巨能可定。
相共賢愚、如鐶无端。是以、彼人雖瞋、還恐我失。我獨雖得、從衆同擧。
 十一日、明察功過、賞罰必當。日者賞不在功。罰不在罪。執事群卿、宜明賞罰。
 十二日、國司國造、勿斂百姓。國非二君。民無兩主。率土兆民、以王爲主。所任官司、皆是王臣。何敢興公、賦斂百姓。
 十三日、諸任官者、同知職掌。或病或使、有闕於事。然得知之日、和如曾識。其以非興聞、勿防公務。
 十四日、郡臣百寮、無有嫉妬。我既嫉人、人亦嫉我。嫉妬之患、不知其極。
 所以、智勝於己則不悦。才優於己則嫉妬。是以、五百之乃今遇賢。千載以難待一聖。其不得賢聖。何以治國。
 十五日、背私向公、是臣之道矣。凡人有私必有恨。有憾必非同。非同則以私妨公。
 憾起則違制害法。初章云、上下和諧、其亦是情歟。
 十六日、使民以時、古之良典。故冬月有間、以可使民。從春至秋、農桑之節。不可使民。其不農何食。不桑何服。
 十七日、夫事不可獨斷。必興衆宜論。少事是輕。不可必衆。唯逮論大事、若疑有失。故興衆相辨、辭則得理。
さあ、読者の皆さん。よーく読んでみよう!もうこれができて1500年にもなるのにぜんぜん「和を以て貴し」となっていないような気がするが・・・。

月別 アーカイブ