アンリ・マティス

本能は妨害されなければならない。それは良く育つようにと木の枝を切るのと同じだ。
-[1869-1954] フランスの画家 アンリ・マティスの言葉-

マティスの絵が好きかどうかは別にして(バイカー修ちゃんは好きだけど)才能に関してはおもしろい意見だと思うぞ。人間もかなりの障害が人生に伴い紆余曲折していくなかで、盆栽みたいに美しくなるんだろう。時代という限られた鉢の中でどう美しく育つかが問題なんだろうな。その美しさは、宇宙の凝縮だ。僕らは星屑で構成されている。「美しい」という感覚は生命のエネルギーが脳細胞に働きかける生きるための本能の現われだろう。そしてそれは妨害されることによっていっそう大きな波動になるんだとおもうよ。なにがあっても生き抜くという決断がとても重要だといつも自分に言いきかせているんだ。

月別 アーカイブ