ブラコートの言葉

ラビのエレツァールが言った。「断食は慈悲よりも大切である。なぜか?断食は自分の体で行うが慈悲はひとえに金の働きによる。
-ユダヤ教の世俗的・宗教的法規タルムード「ブラコートの言葉32b」より

おお、ユダヤ教の教えです。おカネにさといのは、苦労して生きてきた流浪の民だからでしょうか。土地も国家もなければ、カネと頭脳に頼るしかない。彼らは苦労してこの極意を学んだんだよなあ。でもおカネにさといと嫌われるんだよなあ。同情します。とくに日本では、商売を卑しいものだという考えが潜在的にまだあるように感じる。バイカー修ちゃんは断食はしないけど、今日の日曜日、朝7時からダンベル1.5kgを両手に持って高度200メートルの山まで(バイカー修ちゃんの家は海のそばの海抜0メートルです)往復10キロを走りました。けっこう疲れるよー。VAAMの缶入りを一気飲みして、体脂肪を燃焼させようと走るのだ。今日はすでに朝から18度くらいあって走ると暑い!今年初めて防寒のウィンドブレーカー上下を着ずにジャージのみで走りましたが、暑かった!もう春だねえ。梅は散ってるよ。自分自身を酷使する。これはユダヤ教のラビのみならず、大事だと思うぞ。

月別 アーカイブ