ガンディー(ガンジー)

速度を上げるばかりが人生ではない。
-[1869-1948] インド独立運動の最大の指導者・非暴力主義者 マハートマ(偉大な魂)モハンダス・カラムチャンド・ガンディーの言葉

昨日、長崎の中央公民館で開催されている市民講座で講義をしたんだ。「サービス業の立場から長崎経済を考える」というたいそうな演題で。受講者から質問もでたよ。「他の観光地に負けないようにするには?」とか、「観光の経済効果は?」とかね。バイカー修ちゃんは、観光行政を行っているわけではないので、その答えはとんちんかんだったかもしれない。まず観光客にとって「観光は競争ではない」ってことだ。観光客は自分の思いで旅をする。競争って考え方じゃ長崎とハワイは競争しなきゃならない。いまや世界中あまり変わらないコストでいけるんだ。ハワイが長崎に勝っているのはロケーションやホテルの設備だけじゃない。お金も使わず一日中プールサイドに寝っころがって山積みの本を読み、のどが渇くとストリートの向こうのABCマートに6缶3ドル90セントのクアーズライトを買ってきて飲んで、気が向いたらダイヤモンドヘッドまで上半身ハダカでジョギングする「まったくお金にならない」このシェラトンワイキキの珍客に「ハーイ、修元気かい?」って声をかけてくれるこのホテルのスタッフのホスピタリティなんだ!これがあるからハワイに行きたくなる。これに勝てないこの長崎、いや日本の観光の現実があるんだ。「お金お金」人は経済で旅行するんじゃないよ。「速度を上げるばかりが人生ではない」のだ。ホスピタリティを真剣に考えようよ。タクシーママ(http://www.kosodate-taxi.jp/2007/05/post_86.html)に見習おう!

月別 アーカイブ