ジョージ・W・ブッシュ

20世紀は、自由主義と全体主義の戦いだった・・・国を敵から守るのが、連邦政府の責任(コミットメント)である・・・自由経済を守るため、独裁国家と大量破壊兵器をもつ国に対しPre-emptive(=先制的)な攻撃を行う必要がある。
-[1946-] 第43代米国大統領 ジョージ・ウォーカー・ブッシュ大統領 2002年9月の重大発言-

もうあの「911同時多発テロ」から5年以上が過ぎたんですね。はやいなあ。僕はニュース・ステーションでリアルタイムでずっと見てた。貿易センタービルが倒壊するシーンまで。このテロのすぐ後にブッシュ大統領はこの「先制攻撃」発言をし、そして実行したんだ。もう開戦4年半にもなるんだよ。あの日本とアメリカが闘った太平洋戦争でさえじつは3年9ヶ月だった。意外と短いでしょ。もうまちがいなく「ベトナム戦争」の再来だね。アメリカ兵だって公式に4000人くらい亡くなっているでしょう。もうイラク人は万人単位で亡くなっているはずだ。こういうときの資料っていい加減だから。アメリカは日本との戦争の後は大義名分をなくしているもんね。アメリカの勝手な言い分で攻撃されたらたまらないよね。胸先三寸で決まってくる。なぜ北○鮮は攻撃しないの?核兵器もてば安泰だ。なんてどこかおかしい。戦争をはじめる国もあれば、戦争をわいろと金儲けの道具に使うバカもいる。どんな理由にしろ、戦場に向かう兵士たちは命がけで行っているわけだ。自衛隊員も。みんなまじめにまじめに任務を遂行していると思う。現場の人の大部分は日本の代表として崇高な任務を行ってくれているんだ。それなのにこの体たらくはなんなんだ。国防を利権としか思っていないようなドラえもんのような政治家と、マンタのお腹のような顔した官僚。ゼニ儲けしか考えていない怪しげなGEの代理店・・。この国はどっかの発展途上国のように魑魅魍魎(ちみもうりょう)しかいないんじゃないか?大義名分が悲しすぎる。

月別 アーカイブ