カーリー・フィオリーナ

「ブランド」とは関係する様々な人たちに対する『約束』だ。

-[1954-] 米国HP(ヒューレット・パッカード)元会長兼CEO キャラ・カールトン・フィオリーナの言葉-

女性CEOとして一世を風靡(ふうび)したフィオリーナ女史の言葉を紹介します。

「ブランド」とは?まさしく「安全」「安心」を意味するものではないかと思うぞ。

それがいまじゃどうだろう?「売る」ための看板みたいなもんだ。

先週、フランスの高級ブランド店がオープンし、開店を待つ行列ができていた。

おいおいおい、その「高級ブランド」は並んで買うものなのか?

創業者が挨拶してたけど、ありゃあきらかにあきれていたな。日本はなめられている。

ブランドには持つべき人を選ぶ厳しさもあるはずだ。

高校生が援交してヴィトンを買う。ありがちなハナシだよね。

今、格差社会が問題になっている。しかし、この「格差」はだれが望んでいるんだろう?

それは一般大衆が望んでいるんだろう。人間は常に格差を望む。

これでも日本はたぶん世界で一番格差のない社会だろう。身分のない国だもん。

しかし人は潜在的にそれでは納得しない。

だから、カネを持つものと持たざるものという格差を生み出す。

カネがなけりゃ誰もが認める「高級」を身に付ける。

手段なんてへのかっぱだ。いやらしいのは「エセブランド」がそれにつけこむことだよね。

みんなアメリカ的「経済至上主義」におちいってる。まあ、売れりゃいいんだみたいなね。

もうその時点で「ブランド」は終わってる。

日本で6割も利益をあげるようになっちゃフランスのバッグ屋も大変だ。

名前つけりゃプリンでも和牛の味噌漬けでも売っちゃう「高級料亭」そのものが怪しい。

ブランドは約束でしょ?

理由はともかく「パートが勝手にやった」って言う時点でこの大阪ブランドは終わってる。

月別 アーカイブ