マイケル・ムーア

私の仕事は、人々が見ないでいたものを目の前に突きつけることだ。

主流メディアのエリート連中には、恥じ入ってほしいものだ。

あなた方が怠けてしなかったことを、こんな野球帽をかぶった高卒の男(ムーア氏本人)が世界中で映像を掘り起こして、補っているんだから。
-[1954-]米国の作家兼映画監督 マイケル・フランシス・ムーア 2004年度作品「華氏911」についてのコメント-

このマイケル・ムーア監督ってすごい人だよね。エネルギッシュで狂信的で徹底的だ。

「ボウリング・フォー・コロンバイン」でアメリカの銃社会の狂気を、 「華氏911」でなんとブッシュ大統領を攻撃、新作の「シッコ」ではアメリカの医療問題を扱っている。

確かに、アメリカに住んだことのある人ならわかると思うけど、アメリカって国は「病気できない」社会なんだ。もうすさまじく医療費が高いんだ。

バイカー修ちゃんはアメリカで学生生活が終わり、気ままにバッグパッカーをして無銭旅行をしておりました。

このときにお決まりのストリートギャングの皆様に何回もあうんだけど、リボルバー(回転式の拳銃ね)のグリップでしたたかに左のほほを殴られて奥歯が折れちゃった。

まあ、血だらけになって20ドルは盗られるはフクロにされて傷だらけになっちゃった。

ま、それはいいとして(よくないよ!)歯が折れたのには困ったねえ。なんせ右側でしかモノが噛めない。

日本だったら歯医者にいくよね。アメリカでは歯医者は高いんだ。何百ドルもとられちゃう。

だからアメリカ人はみんな歯を矯正して、よく磨いて虫歯にならないようにする。

アメリカ人ってみんな歯がきれいでしょ?単におしゃれだけが理由じゃないんだよ。

また、クスリ漬けなのは日本以上!みんなやれビタミン剤だ、サプリだって朝からクスリを一抱えも飲む。おしっこはまっ黄色だぞ。

これも医療費が高いから、自分の身は自分で守るってアメリカ的考え方だ。

だから何千万人もいる不法移民は当然ソシアルセキュリティ(社会保障)も持っちゃいない。

カネがなきゃ救急病院も治療もしてくれない。

とってもサバイバルな国、それがアメリカの一面なんだ。

月別 アーカイブ