日本陸軍の階級

階級      役職       指揮下にある人員
2等兵     入隊直後の兵士。普通次の兵士が入隊すると自動的に1等兵になる。「新兵」とほぼ同意
1等兵     
上等兵
兵長      旧「伍長勤務上等兵」
       以上を総称して「兵」という。直属部下無し
伍長      分隊長      10~20人
軍曹      同上
曹長      小隊長もあり   50人くらい
       以上を総称して「下士官」という。
准尉      
准将校。これと下士官は、いわばノンキャリア組の到達点。兵隊にとっては一番怖い存在。
見習士官   階級ではないが大学生や兵学校卒は教育を受けてこれになり、すぐ少尉に任官される。
         いわば軍エリートの出発点(少尉候補生とも言うらしい。海軍用語?)
少尉      小隊長      数個分隊(50人くらい)
中尉      同上
大尉      中隊長      4個小隊(200人くらい)
少佐      大隊長      数個中隊+特別中隊(800人くらい)
中佐      同上
大佐      連隊長      数個大隊+特別大隊(2000人くらい)
少将      旅団長      2個連隊+特別大隊(5000人くらい)
中将      師団長      数個連隊+特科連隊(1万人くらい)
大将      軍司令官     数個師団(数万人)
元帥      大将のうち功績抜群のものがなる。常在でないいわば軍の太政大臣。

-「50年目の日本陸軍入門」(文春文庫)より日本陸軍の階級について-

以前から、兵隊さんの階級の上下関係がよくわからなかった。で、調べてみたんだ。たぶんどこの国の軍隊も似たような階級だろうし、日本だって英国やドイツから学んだんだろうから日本陸軍を調べてみた。バイカー修ちゃんは少佐が大尉よりえらいってことも知らなかった。この前話題になった「硫黄島の手紙」で渡辺謙さん演じた栗林中将なんて、万単位の部下をかかえる軍人さんなんだね。よく戦争映画ででてくる軍曹さんとか伍長さんってのは、大企業でいう、係長、主任クラスでノンキャリの星だったんだ。バイカー修ちゃんの祖父、いわゆるおじいちゃんのうち、二人までが海軍軍人で南方で戦死してる。亡くなったおばあちゃんはよく「靖国神社」に参拝に行っていた。政教分離だとか、軍国主義だとか戦争も体験したことのないわれわれ世代や、軍拡にうつつをぬかしてる外国から言いがかりをつけられるけど、ご主人や父を亡くして女手一本で戦後子供たちを育ててきた人たちにとっては、「そんなの関係ない」んですよ。いかに敗戦国とはいえ、その当時は「国のため」「家族のため」というスローガンの下、避けることのできない運命に従った人々を軽くあしらっちゃいけないと思うぞ。今の価値観で過去を判断することほど馬鹿げたことはない。「民主化」するっていうのは、教育制度と経済の安定化となにより「平和」が確保されて生まれる制度だってことを知らなきゃならない。民主化すればなんでも解決するって信じてる単純な人が多いけど、試行錯誤と人の犠牲の上につかんだ制度だってことを知るべきだよ。土壌がそろわないで民主化したら体制は崩壊する。そのことを日本人は忘れているし、隣の大国はよく知っているんだよ。

月別 アーカイブ