朝日新聞1945年8月8日記事より

「広島へ敵新型爆弾」 B29小数機で来襲攻撃
    相当の被害、詳細は目下調査中  大本営発表(昭和二十年八月七日十五時三十分)
一、昨八月六日広島市は敵B-29小数機の攻撃により相当の被害を生じたり。
二、敵は右攻撃に新型爆弾を使用せるるものの如きも詳細目下調査中。

 落下傘つき空中で破裂     人道を無視する残虐な新爆弾

 六日午前八時過ぎ敵B29小数機が広島市に侵入、小数の爆弾を投下した。これにより市内には相当数の家屋の倒壊と共に各所に火災が発生した。敵はこの攻撃に新型爆弾を使用したもののごとく、この爆弾は落下傘によって降下せられ空中において破裂したもののごとく、その威力に関しては目下調査中であるが、軽視を許されぬものがある。
 敵はこの新型爆弾の使用によって無数の民衆を殺傷する残忍企画を露骨にしたものである。敵がこの非人道なる行為を敢えてする裏には戦争遂行途上の焦燥を見逃すわけにはいかない。かくのごとき非人道な残忍性を敢えてした敵は最早再び正義人道を口にするを得ない筈である。
 敵は引き続きなお今後もかくのごとき爆弾を使用することが予想されるのでこれが対策に関しては早急に当局より指示される筈であるが、それまでは従来の防空対策、すなわち都市の急速な疎開、また横穴防空壕の準備など諸般の防空対策を促進する要がある。今次の敵攻撃にみても小数機の来襲といえどもこれを過度に侮ることは危険である。
 敵は新型爆弾使用開始とともに各種の過大なる宣伝を行い、すでにトルーマンのごときも新型爆弾使用に関する声明を発しているが、これに迷うことなく各自はそれぞれの強い敵愾心をもって防空対策を強化せねばならぬ。

-朝日新聞1945年8月8日記事より-

これは、朝日新聞の原子爆弾を報道する新聞記事の全文なんだ。よくこんなデータ持ってるなあって自分でも関心しちゃうぞ。報道の内容には誤りもあるけど(リトルボーイは落下傘で投下されていない)これが人類初の「核兵器」使用を報道する記事だ。ぜひ読んでいただきたい。バイカー修ちゃんの会社の「社会貢献チーム」は、ホテル事業部で「長崎の地から平和を祈る千羽鶴企画2008」を行っています。たくさんの鶴とそれに込められた想いを乗せて平和公園に8月9日平和記念式典にて献納します。
http://www.hotel-cuore.com/tsuru/topics/topics.cgi
http://www.hotel-belleview.com/tsuru/topics/topics.cgi
http://www.wingport.com/tsuru/topics/topics.cgi
それぞれの社員の想いがこもっています。ぜひ見てやってください。バイカー修ちゃんは、この社員の自発的取り組みにかなりインスパイアされました。お客様もまきこんで、すばらしいドラマが生まれています。ひとつ紹介しましょう。クオーレ長崎駅前でのエピソードです。
「本日、お客様より少し大ぶりの段ボールがひと箱クオーレ長崎駅前の赤田さん(女性スタッフ)あてに届きました。
開けてみると、中には大量の折鶴とこれまた大量のお菓子、そしてお手紙が添えてありました。

いつもクオーレをご利用いただいているお客様の奥様からのお手紙でした。
ご主人から、ホテルの平和への取り組みをお聞きしたらしく奥様ご自身も「お仲間に入れていただきたい」ということでした。
私の目測では、おそらく300羽以上は折っていただいていると思います。
赤田さん感動!! \(◎o◎)/!」

お客様に本当に感動させていただいてます。こんなエピソードが社内に飛び交っています。感動の共有化。これこそわが社の宝ものだと思っています。

月別 アーカイブ