中村邦夫

現在、世界で取引されているマネーのうち、実需にともなうものは年間為替取引の3~4日分くらいしかない。それに比べ投機マネーは8ないし9%といった高い利回りを求めて、鵜の目鷹の目で投機先を探している。
-[1939-] 滋賀県出身松下電器産業会長 中村邦夫の2005年の言葉-

みなさん、お待たせしました。バイカー修ちゃん復活です。
夏休みやお盆休みとってたんじゃないんです。サーバーの調子がおかしくなって更新できなかったんだ。
まことに申し訳ありません。
しかし、サーバーも元にもどり、これからガンガン更新しますよ。お楽しみに!
でも、あまりにもこの半年くらい世界の経済状態が激変してると思いませんか?
原油や資材の高騰がすごすぎる!若干、原油の価格も落ち着いたけど、元に戻る気配は・・・ない。
それもこれも、中国や新興国(いま「途上国」ってタブーみたいですな)での需要増ってのもあるんだけど、ドルや債権の下落、おまけにサブプライムなんだらで証券市場もガタガタ。
あまったおカネ(そんなもんあったらまわしてほしいぞ!)がこの「原油」に投機されている。
その額の異常さたるや、もうすぐパナソニック株式会社に社名が変わる中村会長の言葉でよくわかると思うぞ。
みんな!こんなの幻想でしょ?今じゃドルはゴールド(金ね)との連動もなく、輪転機でガンガン印刷されてる紙切れだ。
おまけに、コンピュータの中の「カネ」はゼロのデータの羅列で実態なんてないんだぞ。
汗水たらして稼ぐ会社が取引してるカネが年間取引の3日分なんてバカな話があるかい?
こんな幻想世界はいまに壊れるだろう。
コンピュータが核爆弾の電磁波でおシャカになったら、残った本物の紙のカネは100分の1もないなんてこりゃ悪夢だね。いや喜劇かな?
ハーバードでMBAとったアタマのいい連中が考えた錬金術だ。こりゃ中世へのオマージュですな。
さてさて、いまに魔女狩りがはじまるぞ。
あ!もうはじまってるか・・最初の魔女の名前はホリエモンとかいったなあ。

月別 アーカイブ