中内 功

馬鹿と天才とは、この世に存在することはまれや。全てが我々凡人の世界と言える。その中で半歩前に踏み出すことのできる勇気を持つ事が大切なんや。
-[1922-2005] 神戸出身ダイエー創業者 中内 功の言葉-

またまた中内さんの言葉です。苦労人なだけに言葉に重みがありますねえ。
まったくおっしゃるとおり。でも半歩前に踏み出せる人はほとんどいない。口だけ三歩先いく人はいっぱいいるけど。となると、政治の世界も全体の6割が二世や三世でしめられ、「家業」化してる政治家もまた「凡人」の集団なんだろう。
これが9割が創業者政治家だったら、「半歩先行く政治家」でしめられるんだろうな。
政治家は家業になった時点でおしまいなんじゃないかな?経済人だって二世三世で劣化する。
しかし、経済人には「倒産」っていうエンドがあるけど、政治家には「倒産」がない。選挙って試練がありはするけど、こりゃ「人気投票」に成り下がっている。
これが、もっとも無責任な大衆に判断をゆだねる「民主主義」の限界だな。民主主義は無責任な大衆で劣化し、独裁主義は放漫な独裁者で劣化する。
まあ、どっちにしても劣化するんだね。どっかの歴史学者が戦争は劣化のリセットのためにあるって言ってたけど、それが本当ならいつ戦争が起きてもおかしくない状況だと思うぞ。

月別 アーカイブ