沢庵宗彭(そうほう)

本心は水の如く一所に留らず 妄心は氷の如くにて 氷にては手も頭も洗われ申さず候 氷を解かして水となし 何処へも流れるようにして手足をも何をも洗うべし
-[1573-1645] 江戸時代初期の臨済宗の禅僧 沢庵宗彭(そうほう)「不動智神妙録」より

昨今のアメリカ発の金融危機でリーマン・ブラザースのような巨大証券会社だけでなく、AIGのような巨大保険会社までが破綻しかかっている。
もうこうなると人災だと言わざるをえない。理念がまちがっているんだろうな。返せもしない人たちにカネ貸して、テクニックで儲かるなんて考えるこの人たちの哲学ってどういうんだろう。
「利益の最大化が目的」なんて間違っている。永続するために利益が必要なんだろう?
カネを追うものはカネに滅びる。「証券化」なんて妄想だ。去年までしょっちゅうすすめられてたなあ・・。
聞き流してたけど。あの人たちは自分で考えたことがあるのかね?
いったい頭のいいMBAは何を考えているんだろうな。
こういう事件の論評にトンチンカンな経済アナリストのいいかげんなコメントを聞くよりも、沢庵の話を聴こうぜ。
この「不動智神妙録」ってのはね、徳川将軍家の剣術師範で有名な柳生宗矩(やぎゅうむねのり)に沢庵和尚が書いた手紙文だね。「それ通達の人は刀を用いて人を殺さず 刀を用いて人を活かす」ってやつだね。
この中にある一文が今日のこの一言だ。なんで人間こんなにバカになったんだろうね。
欲にしばられ欲に死す。カネに苦しみ年間3万人もの自殺者だ。
これは戦国の戦(いくさ)で死ぬのとどこが違う?
豊かになりたいのはなんのため?豊かになることが目的化してないか?
いや、「他人に金持ちと思われたい」という浅はかな見栄がすべてになっていないかい?
そりゃもう「氷の如き妄心」以外のなにものでもなかろうなあ。
くだらないテレビなんか見ずに、沢庵の本でも読むのさ。少なくとも僕はそうしてるよ。

月別 アーカイブ