下村 脩(おさむ)

研究に専念するためには研究費用だけでは足りません。サラリーや大学の諸費用などですべてを賄(まかな)わなければならない。つまり私は自由と引き換えに厳しい「研究」という道を選んだのです。
-[1928-] 京都府出身の生物学者 長崎大学薬学部卒 2008年ノーベル化学賞受賞者 下村 脩 の言葉-

下村先生!ノーベル化学賞受賞おめでとうございます!
長崎大学薬学部出身の先生がノーベル化学賞を受賞されたことで、
「長崎くんち」というお祭りは昨日終わったものの、「ノーベル賞」まつりで長崎はフィーバーしてる。
しかしね、下村先生は謙虚な人格者だけど、苦労されてるんだよ。
今日の一言はそんな下村先生のお言葉だ。
ここまでやってあの栄光の「ノーベル賞」を受賞されたんだ。
「いっしょにクラゲを捕った」ってテレビで紹介された奥さまも大変だったろうな。
いやあ、地元の大学を卒業された方からノーベル賞受賞者がでるなんてとっても嬉しいことだと思うぞ。

月別 アーカイブ