ジャン=リュック・ゴダール

なにがいけない?  密告者は密告をし、強盗は強盗をし、人殺しは人を殺し、恋人は恋をする。

[1930-] フランスの映画監督 ジャン=リュック・ゴダール 1959年作「勝手にしやがれ」より‐

バイカー修ちゃんの好きな映画ネタでいこう。

最近、久々新しい映画を観たんだ。「海の上のピアニスト」と、大好きなジョディ・フォスターの「フライト・プラン」。

この「フライト・プラン」は正直イマイチだった。

ジョディの「コンタクト」や「ネル」、「羊たちの沈黙」を知る僕として・・こんなものではないだろうって感じかな。

でも「海の上のピアニスト」はよかったなあ。大人のメルヘンだね。こんな映画大好き。

僕は女性っぽい映画が好きなんだ。ドンパチものはあまり好きじゃない。

映画ってやっぱり観なきゃだめだよねえ。

僕の観かたとしては、旧作と新作を交互に観るってやりかたなんだ。

たとえば、ピアノものだったら、タイロン・パワーの名作「愛情物語」とか、あの世紀の怪作「アマデウス」をいっしょに観るとかね。それと新しい「戦場のピアニスト」を見るとか。

映画のいいところは、その時代はその時代でしか表現できないってところかな。

「愛情物語」はぜったいに50年代のアメリカでしかつくれない。リメイク不可能のあの映像。

映画ってそういう時代を色濃く表すんだね。

そういう意味で今日のこのゴダールの「勝手にしやがれ」のジャン=ポール・ベルモンドとジーン・セバーグのぶっとんだカップルのハチャメチャぶりは、すでにフランスでは今ごろのニッポンによくいるパンクがすでに50年代にいたことを象徴する怪作だ。

こういう映画は、映画評論家にはウケるんだけど、じつはあまり観た人がいない映画の代表だ。

「勝手にしやがれ」ってタイトルだけが有名な映画。日本でも歌謡曲の曲名にもなっている。

ストーリーはあってないようなもんだし、セリフはドキュメントタッチで聞き取りにくい。

10人中8人はおもしろくないって言うだろう。でもなぜかバイカー修ちゃんは好きなのさ。

でもあまり人にはすすめないけどね。

だって、「おもしろい映画紹介して!」って言われて教えるんだけど、必ず言われるんだ。

バイカー修のすすめる映画はワケがわかんないって・・。あなた、そんな経験があったら僕と同類ですよ。

でも今日のこのセリフは強烈でしょ?不思議と説得力があるんだね。

ストレートで反論を許さない。このセリフにゴダールのこの映画のテーマが言い表されている気がする。

この前、久々観たら、すごく興奮したね。

そんな歳になっちゃったのかな。僕って50歳にしてパンクなのか?

えっ?勝手にしやがれって?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.q-bic.net/mt4/mt-tb.cgi/1076

コメントする

月別 アーカイブ