ガリレオ・ガリレイ

書きとどめよ!

議論したことを風の中に吹き飛ばしてはならぬ。

[1564-1642] イタリアの物理学者・天文学者 ガリレオ・ガリレイの言葉

民主党政権が誕生するのは間違いなさそうだ。

これで日本が変わるのか?

これで変わらなければそっちの方が問題だ。

しかしながら、議論があまりに浅薄(せんぱく)だったツケはこれからまわってくるだろう。

この「子ども手当」にはじまるバラマキとはいいたくないけど、大判振る舞いが真の政策なのか選挙対策の大言壮語なのか?

国民はけっこう醒めた目で見ているだろう。

また、民主党は自民党が推進してきた官公庁主導のいろんな計画や予算執行を凍結するという。

選挙前からこれは言ってたのでやるんだろう。

でも、この大不況の中、「一般市民」の方々もこの「官庁景気」にたよっている企業や個人は多いはずだ。

これを問答無用でかたっぱしから凍結したら・・・・大変なことになるだろう。

「ポピュリズム」・・・大衆迎合主義とも言われるこの民主主義の糖尿病・・・。

なんでも政府や国や行政がやってくれる、この「オレさま主義」にニッポンもニッポン国民もどっぷりハマりこんで合併症まで併発し、足は壊疽(えそ)で切断しなきゃならないは、目は見えなくなるはでもう重症段階に入っているってのに、まだ過食をやめようとしない。

もう入院費も治療費も払えないかも・・って言っても国民という「オレさま」に逆らえない。

政治家って召使か芸人なのか?

ニッポンはこの「ポピュリズム」でかつて無謀な大戦争に突入した反省ってのをしていないのか?

「軍が暴走」して戦争を始め「国民は被害者」・・ってこんなステレオパターンでフタをしていいのか?

また同じことをやっているじゃないか。

議論が本当にあさはかだねえ。ガリレオ先生に笑われるぞ。

少子化少子化って騒ぐけど、フランスもドイツもイギリスも日本の半分の人口で経営してるんだ。

イタリアのルネサンスはイタリア大少子化時代に生まれた「文化大革命」だ。

そうだよね?ガリレオ先生。

悲観的なニッポン、そんなことはないぞニッポン。

麻生さんの書いた「とてつもない日本」は視点のズレたトンデモ本に近いモノだったけど、ニッポンの潜在能力はとてつもないモノだろうと思うぞ。

民主党には、大衆に迎合しない日本の将来像を見据えた「あるべき姿」を提示してほしいと思う。

右から左までいらっしゃる「寄合所帯」の民主党だから、広範で深い議論ができるのか?さもなくば分裂するのか?

鳩山党首のリーダーシップにかかっている。

目先のカネより、「あるべき姿」が見えないことに国民は不安になっているんだよ。

鳩山次期総理大臣によくよくお願いしたいと思っています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.q-bic.net/mt4/mt-tb.cgi/1858

コメントする

月別 アーカイブ