クルト・トゥホルスキー

故郷の狭さを計りたければ旅をせよ。

時代の狭さを計りたければ歴史を学べ。

‐[1890-1935] ドイツの作家 クルト・トゥホルスキーの言葉‐

クルト・トゥホルスキーはむかしむかし、学生の頃『権威主義社会と大衆真理』というゼミを取っていたとき『ドイツ・世界に冠たるドイツ』って本を読んだ・・・ことがある。

このトゥホルスキーの言葉をドイツ語で書くと、

"Wer die Enge seiner Heimat ermessen will, reise. Wer die Enge seiner Zeit ermessen will, studiere Geschichte."

 

まちがってたりして・・。

今、成田空港だ。これからロンドン・ヒースロー経由でスイス・ジュネーブへ向う。

かわいい子には旅をさせろっていうじゃない。

高校生の息子は今スイスにいる。これから会いに行くんだ。

僕にとってははじめてのスイス。

混沌とした日本、そして世界は確実に狭くなっている。

今、本当の世紀はこれから変わるんだろうな。

そんな中であいもかわらず、ガリガリ受験勉強だけでこの国のシステムにあった学習だけじゃ・・・恐らく次の乱世じゃ役にはたたないだろうと思うぞ。

世界は動いてる。日本人の常識はたぶん、ぶっとんだ非常識だろう。

もちろん非常識でけっこう。でもね、常識を知ったうえで確信的にやるならそれで立派だけど、たんなる世間知らず(いや世界しらずか)だけで非常識だとたんなるバカだね。

生きた歴史を学び、日本史とて世界史と連動しているってことを知ってほしい。

役に立つ学問を身に着けてほしい。

親の思いっていうのは、ここにあるのかな。

恐らく息子もスイスでこのブログを見ている。

手紙よりもリアルに伝わる息子へのメッセージです。

さて、いよいよ出発だ。

みなさん、10日ほど失礼します。

じゃ、行ってきます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.q-bic.net/mt4/mt-tb.cgi/1867

コメントする

月別 アーカイブ