ココ・シャネル

私は贅沢が大好き。でもね、贅沢というのは富や華やかさのことではないの・・「粗野」とほど遠いこと。

「粗野」という言葉ほどいやな言葉はないわね。

私はそれと戦うために、いつまでもゲームに参加しているの。

‐[1883-1971] フランスのファッションデザイナー ココ・シャネル(本名:ガブリエル・シャネル)の言葉‐

シャネル・・ガブリエル・シャネル・・通称「ココ」。

今、シャーリー・マクレーン主演で話題の映画だよね。

映画のキャッチは「私は流行をつくっているのではない。スタイルをつくっているの」となっている。

たぶん以前紹介した「流行は消える。残るのは洗練されたセンスだけ」と同じことを言っているんだろうけど、ちょっと脚色されているかも。

http://www.q-bic.net/biker_blog/2001/02/post-1803.html

シャネルの破天荒な人生は読者のみなさんが知っているはず。

バイカー修ちゃんは以前、結婚する前のオクサマの誕生日にプレゼントしたスペシャルカラーでペイントしたイタリア製のヘルメットの横に「COCO Chanel」ってロゴを入れてプレゼントしたんだ。

当然「僕のバイクのタンデムシートに乗ってください」って意味でプレゼントした。

結局そのヘルメットは僕がかぶっていたのです・・。

僕の頭は人より小さくてヘルメットなら女性用のSサイズなんですね。

「COCO Chanel」のロゴを入れたのは彼女の破天荒な生き方にあこがれていたから。

目的のためには手段を選ばない。恋多き女。

モラルのかけらもない女・・・ある意味とってもいやな女です。

しかしシャネルの成功はその果実なんですね。

バイカー修ちゃんにはシャネルのまねはできないけれど、このブログの右上の検索キーで「シャネル」って検索してみてください。

けっこう過去ログがでてくるよ。

僕はシャーリー・マクレーンは最高のシャネル役だと思っています。

この映画ぜったい観ようと思ってます。

男がほれる女キャラの筆頭!僕にとってはココ・シャネルなんですねえ。

今日のココ・シャネルの言葉・・・素敵だと思いませんか?

わが家の「COCO Chanel」のヘルメット、オクサマがかぶることはほとんどなく、今では部屋のオブジェとなっております・・。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.q-bic.net/mt4/mt-tb.cgi/1886

コメント(2)

takatosiくんいらっしゃい!
たしかに女性の価値観はわれわれ男性とは違うんだよねえ。
バンソンの革ジャン!ナカナカカエナイノニ・・・

ま、バイクの趣味は理解されないものですよね。
こりゃ仕方がないわねえ。

私も妻にショウエイのシステムヘルメット&バンソンの革ジャンまでプレゼントしましたが、あまり喜びませんでした
。オブジェどころか押入れの肥やしになっとります。(- -;)タカカッタノニ・・・

コメントする

月別 アーカイブ