坂村真民(さかむらしんみん)

日の昇るにも手を合わさず 月の沈むにも心ひかれず あくせくとして一世を終えし人の 

いかに多きことぞ

道のべに花咲けど見ず 梢に鳥鳴けど聞かず

せかせかとして過ぎゆく人の いかに多きことぞ

二度とないこの人生を いかに生きいかに死するか 耳をかたむけることもなくうかうかとして

老いたる人の いかに多きことぞ

川の流れにも 風の音にも 告げ結う声のあることを知ろうともせず 金に名誉に地位に狂奔し終わる人の いかに多きことぞ

‐[1909-2006] 熊本県出身の仏教詩人 坂村真民の詩「時」より‐

今日、会社の営業の方とG産婦人科というお客様を訪問した。

院長先生は当然連休明けなのでご多忙とので奥様と面談させていただいた。

お忙しいのに本当にありがとうございました。これを読んでくれると嬉しいな。

この奥様が、まわりを明るくする見えない光をはなっていたんだ・・・。

初対面にもかかわらず、とても強く印象に残った。

人間って不思議だなあ、ときにすごくオーラの強い人がいる。

オーラを感じる人には・・・たぶん僕のオーラも伝わっている・・これは経験知から言えると思う。

そこに存在するだけで時と場所とを融合させる人、男性にも女性にもこういう人がまれにいる。

そして不思議なことに、そういう人にはそういう友人や知人がまた多いもんだ。

奥様にオーラが強いとほとんど例外なくご主人も印象的な例が多い。

こんなこと感じたことありませんか?

バイカー修ちゃんもよくそういう人に会う・・・これもまた同様の理由なんだろうな。

でもね、そんな影響力の強い人だってたまにはヘコむもんさ。しょせん人間だもの。

僕なんかしょっちゅうヘコんでる・・・・こんな不景気、こんな人間関係、考えたくないけどお金の問題。

志を高く持てば持つほど、まわりとのあいだに生じるギャップ。

なにげない一言が自分のコンプレックスを呼び覚ます。

人間はみな平等だ、なんてのは声にだして言えないけど大嘘だ。

人間にイケメンとそうでない男、美人とそうでない人がいるように誰もが知っている大嘘だ。

忘れようとしていたこの自分の内側に目を向けなきゃならないとき・・・。

もしかしたら現実逃避をしたいから、こんなことに没頭している自分がいるんじゃないかって思ったときの怖さは、経験した人にしかわからないと思うんだ。

でもね、人間は悩んだもん勝ちだ。

そんな人がたくさんこの「バイカー修ちゃん」に来ているんだ。

ここに集う人は、みんな「光る力」を持っている。

でもその「光る力」は、何かを失った、何かに欠けている、何かに満たされない、そんな気持ちのエネルギーの偏りから生まれた「光る力」なんだ。

みんなさびしい。みんな不安だ。僕も不安だ。

でもね、不安で悲しくて都会で一人ぼっちでも、田舎でオバサンになっても、それが坂村真民にかかると「幸せ」なんだよ。

坂村真民といえば「念ずれば花ひらく」

君の悩みや満たされない思いも、きっとみんなに通じてる。

僕らは決して一人じゃないんだ。

いつの世も「いい人」は声をあげない・・・、しかし僕らには声をあげる人の声しか耳に入らない。

聞こえない声に耳を傾けようよ。

どうですか?聞こえてきたでしょう?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.q-bic.net/mt4/mt-tb.cgi/1896

コメント(6)

タクシーママいらっしゃい!!
きついよねえ・・、ハンパじゃないぐらいきついよね。

ここはきついときはきつい、いやなときはいや、やりたくないときはやりたくないと言えるところです。

だからいいんですよ。
男でも逃げ出したくなるようなことを女の身で(差別じゃないよ)立派にやっているんだから。

「立派で前向きでなければならない」呪縛からたまには自分を解き放ってやろう。
つねに緊張しっぱなしじゃ切れちゃうよ。

バイカー修さん、こんにちは。コメント欄には…と思っていましたが、P4Uさんやくまさんが登場してきたので、何だか嬉しくなって…。
元気出てきました。…っていうより、やらなければいけない事が私も見えてきました。
きついです。大変です。不安です。泣きそうです。
…でも、それでも人は前を向いて進んで行かなければなりません。
バカみたいに「念ずれば花ひらく」って事を、一途に胸に秘めなければ挫けそうになります。だから、諦めず、胸の奥深くにそっとそっと忍ばせて、胸を張って笑っていようと思います。
「幸せ」のカテゴリーは、人それぞれ。でも、幸せと感じる感情や寂しい、辛いと感じる、人間の基本的な感情は、皆一緒だと信じたいです。
聞こえない声が聞こえてきました。
ありがとう…。

くまさん、そしてこれを読んでくださっているたくさんの皆さん。
コメントではなくメールで感想を送ってくれる多くの皆さんのおかげでこんな駄文を11年も続けることができました。

おしかりの言葉も多くいただきますが、それもありがたいと思っています。
くまさんのように、造ったものが世界中のクルマや0A製品になって使われているってすごいことですよねえ。
うらまやしいです。

P4Uサマのように「人が愛情を持って大切にしてくれる嗜好品」を生み出すたぐいまれな能力を持っている人もうらやましいです。

タクシーママみたいに人のことを自分のことのように思いはせることができる感性も僕には欠けています。

山さんみたいにサービス業の大先輩のようなプロ意識にも僕は欠けています。

マイアさんのように地域貢献に汗水を流して自分の喜びにできるような純粋さにもじつは欠けているんです。
バイカー修はとっても世俗的な生き物なんですよ。

多くの皆さんに支えられているといってもいいでしょう。
本当にあたたかいコメント・・・僕にとっての人生の糧です。

修ちゃん おはようございます
そっか・・・自己実現型修ちゃんでもへこむ時はあるんですね(当たり前ね)。
いつも人に囲まれ、暖かい人達の中に暮らす幸せ者の私です。それなのに寂しくて寂しくて不安でどうしようもない時・・・結構多いんですよね。
そんな時は自分以外の人も皆同じ様に不安で寂しいんだって事を忘れてるからなのね~!!思考が自分の内側へ向かいすぎて周りを思いやれなくなっているんですね。家族の為に、社員さんのために自分のやるべき事がひとつ見えてきたような気がします。
ありがとうございました^^

P4Uサマ、おはようございます!
そう言っていただけることに幸せを感じます。
そっくりそのままお返しします。
僕がP4Uサマのブログ

http://ch02083.kitaguni.tv/

に強く影響されたのも同じ理由ですよ。
いつも不安なんです。自問自答なんですよ。
これまでも、これからも友だちですよね。

修サマ
修サマのブログを見付け、読みつづけ、本当によかったと思っています。
書き続けていただけ、ありがとうございます。
今日の一言を読み、改めてそう思いました。

コメントする

月別 アーカイブ