トーマス・ジェファーソン

新聞なき政府と、政府なき新聞のどちらを選ぶと問われたら、私は躊躇(ちゅうちょ)せず後者である。

‐[1743-1826] バージニア州出身米国第3代大統領 トーマス・ジェファーソンの言葉‐

一昨日、福岡県中小企業家同友会の福岡支部・玄海支部合同例会に参加した。

僕も中小企業家同友会の会員だし、同友会のなかで「ES(従業員満足)CS(顧客満足)」を普及させなきゃいけない担当だから、これに対しての報告を行った。

こんなに中小企業が厳しいといわれる中、ドラッカー的経営品質プログラムを推進しているわが社はおかげさまで好調に推移している。

しかしいったい政府と与党民主党、野党自民党の無策・無能ぶりはどうだろう?

坂本龍馬をきどる輩(やから)はたくさんいるけど、恥を知れ!!

坂本龍馬というより、悪代官って顔だけどな。

ご兄弟とも東大でいったい何を勉強したんだろう?

いいかげんにせい!!(ってP4Uサマのツイッターネーム・・)

トーマス・ジェファーソンの言葉でも読んどけ!(怒りモード、おいおい)

ま、その天下の東大もシンガポール大学に抜かれちゃったし、日本の沈没は無策のなせるわざだと思うぞ・・・こりゃ人災だな。

もうこんな政治ネタはやめよっと。おもしろくもないし。

龍馬って言えば最近友人から、福山雅治さんの『残響』ってCDをプレゼントされた。

バイカー修ちゃんは洋楽思考で、あまり邦楽を聴かないんだ。

だから福山雅治さんがアーティストとしてブレイクしていることは知ってるけど、あまり聴いたことはなかったんだな。

中一の娘と『容疑者Xの献身』って映画を見て、彼を知り、その柴咲コウさんが歌ったテーマソング「最愛」を娘が熱心に聴いていたし、それが福山雅治さんの歌だってのは知っていた。

しかし・・・この『残響』ってアルバムはいいね!!

サザンの湘南サウンドっぽい曲から、四畳半フォークみたいなもの、POP調なものまであって彼の幅広いファンも納得するんだろう。

バイカー修ちゃんは、「最愛」以外にも、No8.「想‐new love new world 」が一番気に入った。

歌詞がいいし、イケメン系に興味のないはずのバイカー修ちゃんも、この福山雅治さんには大変交換を持っている。

彼は真摯な感じがする。

バイクが好きだってのも気に入った。

これはもって生まれた彼の素養なんだろう。

ドラッカー先生が最も重視する素質「真摯であれ」って資質をもっていると思う。

同じ地元の長崎人として、41歳の福山雅治さんを知っている人も多く、長崎工業高校の学生だったころは、学校にもバス停にも彼の周りを活水高校の女子学生やらがいつも取り巻いていたそうだ。

これwikiの記事じゃなく、追っかけをしていたという女性たちから直接聞いた。

福山雅治さんがはじめて就職した会社の社長は僕の先輩だし。

でも今の彼にはそれをひけらかすところがないように感じる。

政治家先生の「私はウソツキです」って書いてある顔と比較したらおもしろい。

坂本龍馬は本当に彼の一世一代のあたり役になるだろう。

今、クルマで移動するときはこのアルバムを聴いている。

No6.「18~eighteen~」坂ばかりの長崎が舞台のこの歌・・

なんか・・・高校生の時に戻った気がする。

 

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://www.q-bic.net/mt4/mt-tb.cgi/1957

福山☆夏の大創業祭 稲佐山 【初回限定スペシャルパッケージ盤】 [DVD]アミュ... 続きを読む

コメントする

月別 アーカイブ