ナニ、忠義の士といふものがあつて、国をつぶすのだ。

己のやふな、大不忠、大不義のものがなければならぬ。

‐[1823-99] 江戸出身の幕末・維新の政治家 勝海舟『海舟語録』より‐

今日の『龍馬伝』見ましたか?

ラストの「咸臨丸」乗船の撮影は先月、長崎県大村市で行われたものなんだ。

それにしても、勝鱗太郎(海舟)役の武田鉄矢さんいい味だしてましたねえ。

今日の一言なんて、武田鱗太郎が言ったらぴったりするってカンジだろ?

だんだんおもしろくなるねえ。

長崎県人だからって理由ではなくて、バイカー修ちゃん福山雅治さんが大好きだ。

いい男だしイヤミが無いし・・・いいなあ、彼みたいなルックスに生まれたらバイカー修ちゃんももう少し女性にモテたかもしれないな。

上の左向け左でわかるように、僕はエスニカンだから。

『龍馬伝』のよく耳にする批判に、史実と違いすぎるってのがある。

岩崎弥太郎が汚すぎるって批判もある・・・主に三菱関係の人だろうけど。

しかしね、史実に忠実なドラマなんてあるわけないじゃん。

「史実」なんてあるわけない。ほとんどすべてが推論なんだ、歴史なんて。

おそらく、批判を恐れずに言えば、坂本龍馬は信じられているほど偉大な男ではなかっただろう。

薩長土佐やあげくのはてに、幕府までも飛び回った、ブローカーかメッセンジャーボーイだったかもしれない。

でも、それが坂本龍馬の本質をおとしめるものではないし、偶像でもかまわないじゃないか。

史実を問題にするのは歴史研究家だけでいいのさ。

彼という人物を通じて、多くの国民が日本の近世を考えるキッカケになればそれでいい。

龍馬は、はじめて「土佐藩」やら「長州藩」や幕府なんて概念を超えて「日本人」を意識した人物としては、それこそ織田信長以来の人物だろうことはまちがいないと思う。

僕らが偉そうに龍馬の論評なんてできないぞ。

当時、「日本人」って発想することは、今「アジア人」って発想することと同じなんだ。

できるかい? できてるかい?

僕らは、言葉が通じないってくだらない理由だけで東シナ海を越えられない。

身体だけは海を越えて遊びには行くが、思想は閉じたまんまだ。

情けないねえ。

16日金曜日に会った僕の長崎大学経済学部の中国人の女子留学生は、意識は完全に「アジア人」だ。

アジアの視点から母国の中国、故郷の青島、そして日本を見ている。

目標意識もしっかりしている。本国で医学部を出て、留学してなんと経済学部だ。

彼女は苦学生だ。そしてなんと美しい。

これじゃ日本人が勝てっこないぜよ。

彼女が僕の講義をすごく褒めてくれたことはとても嬉しい。

今の日本の問題点の本質は、あまりにも考え方のスケールが矮小化していることにあると思うぞ。

長崎のことしか考えられない。

東京が日本だと思っている。

日本が世界だと思っている。

バカ言っちゃいけないよ。おもいあがりだ。

僕の息子の嘉一は、スイスの高校から5人チームで「ネパール」に行って、そして帰ってきた(スイスにね)。

そこで過酷な現実を見てきたんだろう。電話でも言葉すくなだった。

これが世界なんだ。

こっちのほうが「あたりまえの世界」なんだ。

経済論理も、マーケティングも、薄っぺらな博愛も、通用しない・・これが世界の大半の状況だ。

鳥かごの中の、エサが豊富にあるだけで、さえずりさえすればエサがもらえるこんなイビツな世界を「普通の世界」と考えてる。

そんなことにすら疑問を感じていない僕らの頭は、幕末のお役人なみにカタマっているな。

こんな日本人が発想すると、武市半平太みたいに「天誅!」と叫んで、攘夷に走るのがオチだな。

マジメなやつほど、過去思考で一所懸命にやればやるほど、国も会社もつぶすんだ。

狭い視野だと、「部分最適」になっても「全体最適」にならない。

勝海舟の視野の広さを見てみなよ。

頭も良くて腕もたつ。直心影流の免許皆伝だよ。

こんな文武両道のインテリが、全体最適を考えているんだからオドロキだ。

マジにこの人は、天衣無縫だ。

さあ、「バイカー修ちゃん・今日の一言」の読者諸君!

もういいかげん「ノウハウ本」や、くだらないテレビなんかやめて、ぱたぱたさんみたいにドラッカーでも読んで本質を問いなおそうぜよ!!

 

j

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://www.q-bic.net/mt4/mt-tb.cgi/1971

イマナビでは「海舟」を含むニュースと関連グッズの紹介をしています。「海舟」に興味があれば是非ご覧ください! 続きを読む

コメント(6)

ぱたぱたさんいらっしゃい!
今度の『龍馬伝』女性視聴者も多いんですよね。
わが社でも朝礼のときに『龍馬伝』見てる人って聞いたら、ほとんどの女性が手を上げました。

NHKの・・・それも大河ドラマなんて普通女の子はあまり見ないでしょう?
これも福山雅治効果ですかねえ・・。
これに中傷が多いのはね!僕はこう思うんだよぱたぱたさん。

歴史通の人が楽しみにしてた、大河ドラマ。
それにあまり歴史に興味のなさそうな女性が押しかけてきて、「龍馬~!!」やら「福山さ~ん」とか、「ましゃ~」なんて言ってる。

ま、おじさんのジェラシーですな。
こういう部分は大きいと思うぞ。

お疲れ様です(^^V) 最近、月曜日に疲れが残っていたのですが、今日は早く起床し、1時間早めに出勤しました。
お褒めのお言葉ありがとうございます。頑張り屋さんかなぁ?と疑問も残るんですが、誰が言ってくださいますかね。また、モチベーションUPです。感謝です。
ところで龍馬伝、見てますよぉ。昨日の放送分も、大村に出勤する途中で黒船を見ました。寒い日だったことを記憶しております。
勝鱗太郎の「見て見てくんない!」の地球儀に何を言わんとしたか。龍馬がラストで「日本がおる、日本人が・・・」も何を伝えんとするか。あの番組にはいろんな意見があるかも知れないけれど、ほとんどが中傷のように思えるのは、私だけでしょうか?当時、ハイテク技術もない時代に、何を求め、何を信じ船を出したんでしょう?私は好きです!「井の中の蛙、大海を知らず」ごめんなさい、辛口コメント。私自身もそう思うんです。社長のご意見を期待しております。

たかひらちづこさんいらっしゃい!
そうですか、僕も『龍馬伝』のテーマソングで身体が震えるんですよ。
そいで・・・CD買っちゃいました!
よくクルマの中では、『雑草魂』という弥太郎のテーマがかかっております。
太鼓の音が「ドン、ドン、ドーン」ではじまるあのテーマ・・・。
汚れた弥太郎が汚れた歯で笑っているあのシーンです。

でも久々の大型大河ドラマですよね。
期待できそうです。

昨日のテレビで感動し、また今朝のコメントを拝読し、再び震えの感を覚えます。主題歌を聴いても震える私ですが。
自分がちっちゃ〜いなどと思え、心の奥にある大切なものをしっかりと確認しなければと感じております。考えさせられますね。

感動的なコメントをありがとうございました。

arakansinさん、おはようございます。
こちらこそ「あらさんの素晴らしいコメント」ありがとうございました。
この時代おもしろいですよねえ。
『龍馬伝』中一の娘を含む、親子三世代で楽しんでおります。
さっそく娘が、長崎の山々にテレビ塔を見つけたり・・・「あら」探しをしておりました・・・。

なにを見てんだかw(゚o゚)w!

おはようございます。
昨夜の龍馬は刺激が強かったので、きっと一言有ると期待してました。
武田鉄矢さんの「麟さん」いい味出してましたね~!!
久々に「血が滾る」思いでした。
私たちの住む鳥かごは、先人の残してくれた餌が見かけ上豊富にあるので
「安住」しているのかもしれません。
日本が小さな島国である事に目覚め、日本人を自覚したように、
やがて地球が小さな鳥かごである事に目覚めた龍馬や麟太郎が出て
地球人を自覚する日がくるのだと思います。
それは嘉一さんのような次世代の人達の仕事かもしれません。
気運と言うのは時間をかけて醸成される物のようですね。
いつもながらの「素晴らしいコメント」心地よく拝読させて戴きました。

コメントする

月別 アーカイブ

携帯サイト

QRコード

Twitter

バイカー修ツイッター

facebook

九州教具facebookページ

最近のコメント