自動車のセダンの領域で国産の「おもてなしのプレミアムブランド」がいくら頑張ったってね、BMWとメルセデスには適わないですよ。

自動車業界のドイツ御三家の日本における位置付けと、二輪業界ってのはぜんぜん違うんですよ。

ホンダのバイクのブランドの強さは海外ブランドに負けてないですよ。絶対に。

‐[1944-] 東京都出身「世界一速い社長」本田技研工業 第6代社長 福井威夫 20073月の発言‐

このホンダの先代社長の福井さんはワイルドな社長だった。

ホンダがGP500世界最強だったころ・・あの天才ライダーフレディー・スペンサー時代の監督だった人だ。

http://www.q-bic.net/biker_blog/2009/08/post-2078.html#more

福井さんの言うとおり、残念ながら日本の「プレミアムセダン」はドイツ製にかなわない。

性能が・・ってなレベルじゃない。付加価値が低いんだ。

たぶん世界の市場じゃ、今後も中国製や韓国製のプレミアムセダンなんて受け入れられないだろうな。

ただし、バイクの世界は違う。

日本のバイクは昨今多少元気が無いケド、まだまだ世界一だと思う。

今はむかし・・・1973年、カワサキから一台のバイクが販売された。

「カワサキ900スーパー4」形式名「Z1」この大量生産車として世界初のDOHC並列4気筒のバイクは世界に衝撃を与え、世界中のメーカーが1000ccクラスの超怒級スーパーバイク戦争の開発を開始した。

カワサキはホンダみたいにレースの世界で大活躍・・・はしていなかった。

しかし「川崎航空機」はそのムカシ、 「陸軍三式戦闘機川崎キ-61飛燕(ひえん)」という立派な戦闘機とドイツ製ダイムラーベンツ航空エンジンを国産化した実力を持ったメーカーだった。

戦争で負けてなきゃバイクなんぞ造ってなかっただろうな。

今もムカシもバイクで1000ccクラスってのは、クルマでいったら5000cc級のスーパーカーに匹敵する。

その操縦の難しさってのは、クルマなんかのシビアさとはシビアさのレベルが違うのだ。

このカワサキが造った「陸の戦闘機Z1」は世界をライバルを一夜にして過去のものにしてしまった。

天下のホンダが誇る「CB750」も過去のものになっちゃった。

バイカー修ちゃんが中学生のころにこのZ1はデビューしたんだけど、正直僕はあまりカッコいいとは思わなかったんだ。

いかにもアメリカ的なアップハンドルとそのスタイルが好きになれなかった。

バイカー修ちゃんは、イタリア娘の「ドゥカティ」や「MVアグスタ」のような、レーシーで低いセパレートハンドルにシングルシートの過激なバイクにしか興味なかった。

「ハーレーダビッドソン」に乗るなんて「気でも狂ったのか?」ってな感じだった。

でも・・・あれから37年。

今、このZ1を見るとカッコよく見えるから不思議だなあ。

ダサいバイクの代表だったハーレーダビッドソンが今じゃ人気No.1だなんて当時だれが想像しただろう?

当時のバイカー修ちゃんにとってあこがれはイタリア娘でも自分が買えるチャンスのある現実のバイクはやっぱりホンダだった。

ホンダでなければバイクではない!・・・と思ってた。

これが年齢を重ねるってことなのかな。

バイクの世界で日本がブランドを確立できたのなら、その他の分野でも可能なはずだ。

しかし、残念ながら福井社長が言うように、自動車メーカーは大量生産でいいものをより安く作れるようにはなったけど、憧れられる「カワサキZ1」のような自動車を生み出すことはできなかった。

こりゃメーカーの怠慢だ。

技術の問題じゃない。哲学の問題だろうな。

人のことは笑えない。僕らもそうだし、日本もそうだ。

人気とりのスポーツ選手が参院選にでるんだそうな。

現実の政治にイヤ気がさしてスポーツ選手に夢を託したのに・・・

哀れだねえ。

 

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://www.q-bic.net/mt4/mt-tb.cgi/1978

金融起業家 河合圭のオフショア投資ブログ - 今日の一言 ~福井威夫(1994~ 実業家) (2012年3月 8日 11:01)

今日の一言は元ホンダ社長の福井威夫さんから社員に向けて言った言葉。 『入社してホンダウェイを学ぶのもいいだろう。しかし、君たちが... 続きを読む

コメント(10)

ぱたぱたさん、いらっしゃい!
ラグビー小僧さんからの嬉しいお誘いです。
長崎空港のORCでボンバルディアのエンジンメンテを見学しませんか?
5月26日(水)の18時からです。
この駄文のブログに来ていただいて本当にありがとうございます。
シェル・シルヴァスタインの作品で僕が好きなのは「大きな木」という絵本です。
一度読んでみてください。
本当に深い物語です。与え続ける大きな木・・・薄情な子ども・・・それが僕らに見えてきます。
ぱたぱたさんなら気に入ると思いますよ。
26日大丈夫ですか?

おお~!!
5月26日その話しのった!!
ぜひ見てみたかった。では1800からORCに来ればいいですか?
ぱたぱたさん、tatsumindさんなんかもいかがでしょう?
これは楽しみだなあ。
では伺います。ボンバルちゃんのメンテナンスなんてワクワクするなあ。

お疲れさまです。
「僕を探しに」の続編は知らなかったです。
教えてくださって、ありがとうございます。早速、探しに行きます!(かけてみました笑!!)
ところで、飛行機の整備を見学させていただいてもいいのでしょうか?
好奇心旺盛な私は、ぜひぜひ見学したいのですが。その際は、お行儀良くしますので、よろしくお願いいたします(^^V)
今日は、県北から県央の仕事だったんですが、色んな事を学ぶ日でした。詳細は公表できませんが、「生かされている」のを実感した一日でした。
こうやって日々過ごせるのも、修様からたくさんの考え方、とらえ方を教えていただいているからです。ブログは必ず拝見しております。これからも、たくさんの情報を配信してください。
整備の見学会の際は、ぜひお教えください。ご連絡、楽しみにお待ちしております。

喜んでいただけて光栄ですね!
では、では、善は急げ、急がば近道。

5月26日にエンジン交換をやりますので
この日はいかがですか?
夕方1800ぐらいから、当社の格納庫で整備をやります。
(夜を徹して明け方までやるんですが)
私と整備の専門家のガイド付きです。
一時間ぐらいどうでしょうか。
パタパタさんも大歓迎です。是非いらしてください。

そのあとビールで一杯でも、あ、車で来られるかな。
日程が合うかどうか気がかりですが

日程がこれでよいかのご返事をお待ちしています。
合えば詳細はお電話で。
実は修さんとは初対面ではないんですよ。エヘ。

マニアのためのスペシャル企画ですね。
整備の皆さんもウェルカーーーーームですぞ。

 

ぱたぱたさんいらっしゃい!
そっか~。やっぱり医療現場で働いていた人の声は生々しいな~。
なんせ人の身体を扱うんだからその緊張感とストレスはすごいよね。
しかし・・けっこうドクターと看護師さんってカップル多いよね!濃密な空間を共有するから生まれるカップルなんでしょう。
ぱたぱたさんの同級生にも「ビョーキ」な人がいるんですね!
僕の友人も毎晩バイクながめながらウイスキー飲んでるやつがいます。
残念ながら、僕は会社にバイクを置いているので飲めません・・・がやってみたいです。

お!シルヴァスタインの「僕を探しに」ですね!
へっへっへ、僕も持っていますよ。続編の「ビッグOとの出会い」も深いですよ。

さて!ぱたぱたさん、一緒にラグビー小僧さんとこへ見学に行きましょうか!?

ね、ラグビー小僧さん。

ラグビー小僧さんいらっしゃい!
本当に・・・これをオタクって言われたらそのとおりだとしか言えません。
ラグビー小僧さんのラグビーウイルス症候群と同じだと思います。その気持ち、よーくわかります。

カナダ製ボンバルディアの重整備・・・これぞほんとのオーバーホールですね。ということはラグビー小僧さんは、地域の架け橋「ORC」さんに勤務されているんですね!

ボンバルちゃんは昔、飛行艇のショート、デ・ハビランド・カナダだったんですよね。
僕はじつは大のレシプロ飛行機マニアでもあるんです。
好きなのは、レシプロ飛行機(つまり第二次大戦機ですね)とバイクのみなんです。

狭くて深いんですよ。
旧長崎空港で中学校時代に見た、アメリカ帰りのゼロ戦こと、「零式艦上戦闘機五二型」のフライトを見たときは感動して泣いてしまいました。

レシプロ戦闘機とバイクはなぜかそっくりなんですよ。
だいたいバイク好きは飛行機好きが多いです。
パイロットにもライダーが多いですもんね。

一度、整備を見せてほしいな!近くだし!

お疲れ様です。医療従事者の苦悩は尽きないと思います。
やはり、ドクターの顔色を伺う時もありました、若いころ。私がお世話になったHPでは、たくさんのドクターがいらっしゃり、その中で私が思ったことは、ドクターだって人の子。神様ではない。患者さまがあっての商売と考えていました。意見がぶつかる事は多く、私が勤務する時間帯では、結構ドクターから嫌がられていたんだと思い、懇親会ならぬ飲み会を月一で開催していました。コミュニケーションの場です、無礼講の。懐かしいですね。
ところで、私の同級生にもメカに話しかける人がいます。四輪がご趣味ですが、半端ではないですよ。仕事が終わって、晩酌するときは車の中らしいです。いつも仕事のことを愚痴ったり、車に話かけているんだそうです。旧車好みですが、ほほえましいと思います。ロマンですねぇ~(^^)それだけかわいがってくれたら、メカも喜ぶでしょうね。でもいいな~。飛行機の整備にお呼ばれされて。もし機会があれば、お邪魔はしませんから誘ってください。見たい!みたい!
そうそう、本日、頼んでいた本が来たのですが、その中に「僕を探しに」というタイトルの絵本が私のお気に入りに参入しました。
どこかでこのタイトルを拝見されたら、ぜひぜひ開いてくださいませ。私の頭脳にはぴったり!なるほど!!と感心させていただきました。昨日からたくさんの方のお考えをお聞かせいただき、宝ものが増え充実して過ごしてます。
これも修様のお話からですよ(笑)感謝しております。

修さんはバイクを愛してるんですね。ただひたすらに
好きなんですね。人間ってどうしてそんな感情があるんでしょう。修さんの感覚の根源的なあるものにバイクという造形物が共振するんでしょうね、きっと。僕もラグビーのことになるとひたすらのめりこむことが何時でもどこででもできるんですよね。自称ラグビーウイルス感染症と呼んでますが。

先程、弊社の飛行機が仙台に飛んでゆきました。
二人のパイロットに手を振って離陸を見送ってきましたが、
これから50日間重整備なんですよ。1回バラバラにして
徹底して点検整備するんですよ。
この間離島の皆様には本当にご迷惑をかけてしまいますね。
又新品同様になってピッチ立ってくれるでしょう。
それまで1機でがんばろう!
この飛行機はカナダ製ですが、MADE IN JAPANの
飛行機が早く世に出てほしいですね、三菱のMRJという
70人乗りぐらいの小型国産ジェット機の製造が始まっていて
2013年ぐらいにロールアウトしてきます。
長崎空港に来る日近いと思います。

修さん一度飛行機の整備(夜間ですが)見にきませんか?
オイルの匂いにまみれるとしびれますよ。

ぱたぱたさん、いらっしゃい!
じつはですね・・僕の亡くなった母が、長崎の市民病院に入院しているときですね、部屋は8人部屋だったんですよ。

僕は個室に移そうと思ったんですが、個室は空いてもいなかったし、なにより母本人が「個室はちょっと怖い。大部屋がいい」って言うんですね。

やはり病気で不安だったんでしょうね。
同室の人から大事にされてましたもの。

いろんな患者のニーズがあるんでしょうねえ。
そっか~ぱたぱたさんは看護師さんだったんだ。

僕もチャーハンまだ食べていませんよ。

バイクに向かって・・・話しかけていますよ!!
異様でしょうねえ。
だれもいない倉庫で、バイクに向かって話しかけ、タンクを手でなでて「ヨシヨシ」ってしてます。
もうとにかく可愛くて、寝そべってバイクのお腹の下のオイル汚れを手を真っ黒にしながら拭きとってますよ。

あんなアルミと鉄とプラスチックのかたまりでも、大事に思ってやると、40年たっても美しいままなんですよ。
人間の「気」は無機質のものにもエネルギーを与えると信じています。

お疲れ様です。修様。ブログはいつも拝見させていただいてます。済生会HPの理事長もすごく意欲的に活動されていらっしゃるし、そのシーンで講演される修様もすごく素敵です。ぜひ一度講演会に片隅で聞かせていただけたらありがたいです!!
確かに、医療現場は色んなことが付きまとうと思います。でも、主役はクランケだと現場を離れた私は思います。
本日も方々お邪魔させていただいたのですが、集客にこだわる事も重要ですが、私は内容にこだわりたいと思っております。
昨夜、韓国の心理学者の話をTVで見ました。3人法則があるんだそうです。一人では誰も振り向くこともないけど、2人、3人になったとき大勢の方が動き出すんだそうです。
なにをすべきなのか(しつこいですね)を常に考え、本年度はより充実した生活、事業内容にしたいと考え中です。
どうぞよろしくお願いいたします。
時に修様、バイクに向かい話しかけられたりしますか?
追伸:今週は必ずチャーハン食べます。(色気より食い気が勝るオババでした)

コメントする

月別 アーカイブ

携帯サイト

QRコード

Twitter

バイカー修ツイッター

facebook

九州教具facebookページ

最近のコメント