エンリケ・バリオス『アミ小さな宇宙人』

どうして、じっさいに起こりもしないことに頭を悩ませて、現在を犠牲にしなくてはならないんだい?

-[1945-] チリ出身の作家 エンリケ・バリオス1986年著『アミ 小さな宇宙人』の言葉-

最近、ブタのバムセやら、シルヴァスタインの「ぼくを探しに」とか絵本の話題を身近でよく聞きます。

子どもの絵本をなめちゃいけないんですよね。

今日紹介するのはエンリケ・バリオスの『アミ小さな宇宙人』からの言葉です。

お話しは、この絵本を読むか、ネットで調べてね。

絵本というにはあまりに深い「理想郷の姿」は絵本の体裁をかりた大人の本ともとれる。

たぶん、エンリケが生まれたチリって国にも関係があるんだろうな。

チリには、ピノチェト大統領っていう悪名高い独裁者が君臨してたからな。

「絵本」にでもしなきゃ告発はできなかったんだろうな。

この本が出版された1986年は・・まだピノチェトが健在だったころだ。

「自由」な発言への苦悩がこの本から感じ取れたらあなたはアミだ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.q-bic.net/mt4/mt-tb.cgi/2014

コメント(6)

ぱたぱたさんおはよう!
偉いなあドラッカーで勉強か・・すばらしい!!

今日は九州教具の第62期方針発表会です。
社員さん全員が今期の「人生目標」と「毎日やること」を発表します。

朝から自動車試験場の周りの草むしりを社員さんとしましたよ~!
気持ちのいい大汗でした。

さあ暑さもいっこうに収まらないけど、がんばろうね!

修さん、こんばんは。

マジで教祖になれますよ!望んでいるかは知らないけど・・・。

しかし。また新たなバイブルをお教えくださり感謝しております。早速、読まなきゃ!
これが私の強みです。自分が興味あること、任されていることを自分で納得いくまで調べる、進め実行する。
ポリシーといっても過言ではない。
そのために、修さんのブログは欠かせません。
最先端のようで、誰もが聞いた話ですもん。
しかし、それを発信する勇気がないのかもですね。

今日はドラッカーに習い、顧客やそれぞれ得たいものについて
表を作成しておりました。

そこが分かると、営業も苦ではありません。
あとはフィーリングでしょう。

後半戦頑張ります。

※新米の収穫まで今しばらくお待ちください・

そうそう、来月の今頃、新米が取れますよ!
実りに期待しています。
おいしいご飯が食べれますよ~♪

表現で誤解を招くことがあったなら、お詫びします。

松さんいらっしゃい!

僕と松さんが知り合えるのはこのネット時代の恩恵ですよ。
生活の心配しながらバイクの価格を気になる・・。
バイクだって文化です。

ニッポンの役人はそう思ってないようだけど・・・。

互いに同じ世界の人間ですねえ。
好き物の時代、おバカの時代、二人は同類ですよ。

修さんのtwやブログ読んでると 多分今すぐ何処かの教祖様になれる気がしますね~ならないでしょうけどWW(悪い意味じゃないですよ)

「政治の時代」、「経済の時代」、「文化の時代」ですね 確かに・・でも今の文化は何文化って呼ばれるんでしょうね、ネット内バーチャル文化?かな・・

お金無くて 明日の糧を心配しながらも バイクの価格を気にしてる私みたいなのがいる今 違った意味でも文化の時代なのかもしれないですね。

arakansinさんいらっしゃい!
僕は、歴史は「政治の時代」、「経済の時代」、「文化の時代」と3つの時代を繰返すような気がしています。

いまは、恐らく「文化の時代」に突入しています。
そこに経済的手法で解決しようとしても・・・投薬ミスが起きるのは当然ではないでしょうか?

「時代」が「何者か」を生むのでしょうね。
宮崎駿と村上春樹が生み出された背景に、
何か日本のこの時代を感じます。

コメントする

月別 アーカイブ