ナポレオン1世

人は、その制服の人間になるのだ。

‐[1769-1821] フランスの皇帝 ナポレオン1(本名:ナポレオーネ・ブオナパルテ)の言葉‐

下世話な話しでごめんなさい。

今朝、トイレに座ってなにげなくスーツのパンツの裏地を見ていた。

高くもない夏物のグレイスーツだけど、裏地が立体裁断で見事に縫ってある。

なにも考えずに着てるけど、一枚の平面な布地から、立体なものを作り出すってのはすごいことだと思う。

和服は立体裁断になってないもんな。

おそらく、西欧は中性の時代から他国を侵略し、キリスト教の権威を示すためにこの「服装」ってのはカリスマ構築に大きな働きをしたんだろうな。

ここに時間と知恵とコストと努力が何百年もかかってこの立体裁断はできているんだな。

それを・・マシンでポンスカポンスカ量産して、服は安く大量にできるようになっちゃった。

大量に安くつくられるようになると、だれもがありがたみが薄くなる。

服の効果ってのもそうだ。なんでも軽く薄くお手軽に、なってしまう。

服がそうなら社会もそうなる。

 

服の効果・・・それも制服の効果ってのは恐ろしくて、ナポレオンはそれを見抜いてた。

ナチスの制服が異常にかっこいいのは偶然じゃない。

あこがれられる格好いい制服があの組織には必要だったんだ。

クールビスなんかで、制服をおろそかにしたとたん・・不祥事がいっぱいでてきたのは偶然じゃないだろう。

トイレで座ってズボンの裏地を見ながらこんなこと考えてました。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.q-bic.net/mt4/mt-tb.cgi/2027

コメント(8)

たごちゃんおはようございます!
恥ずかしながら、バイカー修ちゃんの会社もクールビズを導入したのは去年からです。

事務機・ICT関連っていろんなお客様がいるでしょう?
だから踏み込めなかったんですが、今や官庁も空港も、みんなクールビズになったんで、導入してます。

やっぱネクタイはずすと上着一枚違うし、ISO14001の環境問題もあってエアコンがなかなか入れられないのでね。

しかし、その小説読む上司ってのはどうよ?
そりゃありえないだろう?ふつう!

arakansinさん、おはようございます!
さすが!arakansinさんならわかってくれると思っていた。

じつは、その「制服をつくっているのは自分」ってくだりが最初のエンドだったんですが、あまりに上から目線なんで削除したんですよ。

読んでくれた方が気付いてくれるかな・・・って。
さすが!arakansinさん!

「人は、その制服の人間になるのだ。」
そう、そしてその制服を作っているのは、何を隠そう自分なんですよね!?

修さん、こんばんは。僕の勤める会社はクールビズとは無縁です。特に仕事中に来客を迎えたり、訪問先で人に会うときはスーツの上着を着るようにしています。猛暑日が続いた今年の夏は大変な暑さでしたが、訪問先に着いたら車のエアコンを最強にして汗が引くのを見計らって上着を着込んでいました。

小難しい礼儀とか作法はあまり自信ないのですが、人前に出るとき服装に気をつけることは自分を誇示するというより相手への敬意を表するということだと思うんです。ワイシャツの起源は下着だというじゃありませんか。そしてネクタイは男性自身の象徴。ワイシャツ姿でネクタイを無意識にいじりまわしながら接客している人を見かけませんか?僕は身近にいるんですけど、苦手上司。服装よりもまず仕事中に小説読むのをやめさせたいんだけども。

松さん、週末っていうのに妙な天気だよねえ。

わかる~!ツナギきて峠行ったら「とばさなきゃいけない症候群」になるよね。

頭はスペンサーなのに走りはドンガメ・・みたいな。
カッコはやっぱ大事ですよ。

カタナは大ヒットした名車なのに、ベースのGSX1100Eは売れなかった。
これなんか、ハンス・ムートデザインのなせるワザでしょう?

CB750Fの成功もあの画期的なインテグレートデザインのおかげだといってもいい。

たかがデザイン・・されどデザイン!
男たるもの美女には弱い!
松さんもそうでしょう?

おおータクシーママこんにちは!
ツイッターではいつも会うけどブログじゃ久しぶり!

そうだよね。
仕事柄スーツ&ネクタイが多いけど、クールビズでネクタイがないだけでも緊張感が違うんだねえ!

だから夏場でもお客様と会うときはネクタイしましたよ。
服装は大事だね。
というか、人間は観念の動物だから、服装に緊張感がないと仕事も緊張感がなくなるんだよね。

ということは女将の着物姿も同様の理由だよね!
「私は自由の女将」っていう覚悟とアピール!

昨日もランチミーティングで話題がでましたよ。

見たことないもの

「タクシーママのスカート姿・・・」

修さんこんにちは・・・
こっちは、未だ降ってませんが 昼からバイク乗ろうか
どうか迷う曇り空です。

「人は、その制服の人間になるのだ。」なるほど
言われてみれば 思い当たる事ばっかり・・
仕事も名前入れた作業服着て仕事するのと 適当な服来て
作業するのじゃやっぱ違いが出る気がする。

バイクも運転下手なのに皮つなぎなんか作ってしまうと
峠に何でか行きたくなって、自然とその仲間に混ざって
行ったしww

私は、一度バイク降りて復帰したんで つなぎはあっても
他はなにも無かったんですよ・・つなぎなんか もう入らないし
やっと ヘルメット・皮パンツ・かブーツとかそろって
来ました。

やっぱ仕事も「カッコから入る」って言うの悪くないのかな~
そう言えば、「見た目が良い機械は良い機械に見える」っても
言われたな~

修さん、おはようございます。久しぶりにコメント致します。
私も服装って大事だと思っています。
最近の女性のニュースキャスター、スーツ着なくなりましたよね~。私的には??と思っています。
大事な会議や、お客様とのお約束がある日には、私は必ずスーツを着ます。それは、自分自身に気合いを入れるため、言葉に魂を込めるためのアイテムになるからです。
夫もそう思ってくれているらしく、私が人前に立って話すような機会があると、スーツを買いに行こうと言って、一緒に選んでくれるんですよ(*^_^*)
お慶プロジェクトでご一緒しているある方から「最近スーツを着なくなったけど、内田さん見てたらスーツ着なきゃと思った。次の会議の時にはスーツで来るね」と言われ、第1回目の本会議の時に、素敵なスーツ姿で登場されました。
服装ばかりに気を取られてはいけませんが、「服の効果」は確かにあると思いますよ~。

コメントする

月別 アーカイブ

携帯サイト

QRコード

Twitter

バイカー修ツイッター

facebook

九州教具facebookページ

最近のコメント