ジェームズ・C・コリンズ「ビジョナリー・カンパニー3」より

第一段階・・・「成功体験から生まれた自信過剰」

第二段階・・・「規律なき規模の追求」

第三段階・・・「リスクと危うさの否定」

第四段階・・・「救世主にすがる」

第五段階・・・「消滅」

‐「企業凋落5段階説」(ジェームズ・C・コリンズ:2009年著『How the Mighty Fall』(邦訳:ビジョナリーカンパニー3より)‐

いわずと知れた経営者のバイブル『ビジョナリー・カンパニー』に3作めが出た。

米国では昨年『How the Mighty Fall』としてベストセラーになったばかりだから、日本での邦訳もすばやい。

なんせサブタイトルが『衰退の五段階』ってのが刺激的だな。

あのソニーが、『ビジョナリー・カンパニー』で絶賛されて15年・・・。

今じゃ、完全に衰退の第四段階だろうな。

しかし、ソニーだけじゃない。トヨタも・・日本株式会社もみんなそうなんじゃないかと思うぞ。

前作『ビジョナリー・カンパニー2:飛躍の法則』でコリンズは、「変えてはならない聖域は基本理念だけである。それ以外のものはなんでも変えることができるし・・なくすこともできる」と述べている。

大企業はここではどうでもいい。

彼らはエクセレントで「あった」がゆえに、大企業になったんだから、勝手に自己改革でやってくれ。

中小企業を考えてみよう。

わが社も苦しんでいる。そりゃ当然だろう。

でも、苦しんだ中からひとつ言えることがある。

社会環境とお客様の価値観が変わったら、「自分自身を変えなければならない」ってことだ。

あなたの会社の『経営理念』に「人の役に立つ企業になる」って書いてあったら、その「役に立ち方」が5年前とは変わってしまったってことだ。

過去のあなたの成功体験がまったく通じないどころか、弊害にさえなっているってことに気付こう。

これはとても辛いことだけどね・・。

え?「経営理念」がない?

中小企業の7割くらいが「経営理念」を成文化していないそうだ。

「経営理念」がない・・・つまり自分の存在意義が明確ではないような会社に・・・残念ながら明日はない。

なんのために存在しているのかわからないような会社に、生き残れるようなフィールドはない。

生と死は同一だ。

神と悪魔も表裏一体だ。

豊穣の大地はキリング・フィールドでもあるんだ。

・・・って考えないとダメでしょう?

中小企業の最大の弱点は、『ビジョナリー・カンパニー』の定義と真反対のことをやっているところにあると思うぞ。

つまり・・・「変えてはならない経営理念をコロコロ変え・・もしくはそれすらなく、変えなければならない行動は・・あいも変わらず、同じことをくり返す」

生き残れるかどうかはわからない。

しかし、「ここに留まっていては」生き残れないんだよ。

怖い?そんなこと言ってる時間はないでしょう?

昨日龍馬も言ってたじゃない。

「誰かに恐れ入っちゅう暇は無いですき!」

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.q-bic.net/mt4/mt-tb.cgi/2028

コメント(4)

松さんこんちは~!
それはほんとうに救世主かもですよ!

だって僕、本当に救世主社員や社長が現れてV字回復した会社を何社も知ってますもん。

おお~!ヤマハGX750Ⅰ型!僕が大好きななんだけどなぜか「不人気車のエース」だ~。
あの国産車唯一無二のDOHC3気筒シャフトドライブ!
ヤマハのもっともおたっキーなバイクですね。
一本マフラーだし。

これは買いですよ。僕が欲しいです。
W1は人気車ですよね~。僕も持ってます。
これ・・バイクの人気度で判断すれば圧倒的にW1の勝ちです。
正直中古車価格もぜんぜん違います。

W1はやっぱ人気ですよ。
でも・・・でもでもGX750の魅力は捨てがたいなあ!
超個性的ですよ!
世界的に見ても、DOHC3気筒空冷なんてイタリアのラベルダ1000とこのGX750(輸出型は860もある)しかないですよね。

ラベルダ1000はヒットしたけど、GX750はヒットしなかったもんなあ。

ちなみに・・・いくらですか?

修さんこんちは!
いや~もう修さんのブログは、怖いくらい私の事を言い当ててるから、非常にコメントしづらいネタが多いです。
何度も書いて投稿できずに消してしまった事か・・・こう書いてる文も2度目かな?

企業凋落5段階説 これ今私にぴったし!ただ今第4段階です、ま~ シャレにならないですがww
ただ救い?は、自分で探す気は無かった救世主?が現れ「一緒にやろうや!」って事に成りつつ有るんです。
元々ここ何年か一番一緒に仕事してた会社なんですけどね。

ハッキリした事が決まらなくて 困っていたんですが 今週中にはハッキリ決まりそうです。

ま~私自身は自分の思う条件は伝えてあるし、楽しい仕事が出来て生活できれば良いので「まな板の鯉」状態なんですがね。

あ!肝心な事を書くの忘れた Y社 GX750Ⅰ型 7000K結構ピカピカ K社W1 そこそこ この2台が同じ値段
どっちも持ってなかったら 修さんならどっち買います?


arakansinさんおまいこというなあ!
じつは昨日ラグビー小僧さんと飲んでおりました。

当然このコリンズの「企業凋落五原則」のネタで盛り上がりました。
われわれ個人が、arakansinさんのいうように自己をコロコロ変えて「うまく生きてるつもり」もしくは「賢く生きてるつもり」なのかもしれませんねえ・・・。

修さん、いつも色々なことを教えて下さり有り難うございます。
「経営理念」が会社の「自己」だとすれば、自己を忘れ或いは自己を識らずに、
コロコロ変わる自我で生きている事への見事な警句を戴きました。
まさに「誰かに恐れ入っちゅう暇は無い」ので、自我変革に邁進です。

コメントする

月別 アーカイブ