マイケル・デル

新しいデータを受け入れるのに時間がかかればかかるほど、その人は自分の感情に左右されているのである。

‐[1965-] デルコンピュータ創業者 マイケル・デルの言葉‐

コンピュータ業界で知らない人はいないほど有名なマイケル・デル

"Dell"って小さな"Valley"のことだから日本名だったら「小谷さん」ってかんじかな。

あの世界屈指のコンピュータ企業「デル」の創業者でありトップだ。

昔は「デル・コンピュータ」って言ってたんだけどね。

注文を受けて、販売店やディーラー(うちなんかそうだね)を通さずに直販する・・という「デルモデル」をつくり上げあっというまに世界一のコンピュータメーカーになっちゃった。

この言葉はそのマイケルが絶好調のときの言葉なんだ。

でもいまやデルモデルはその神通力を失いつつあり、ディーラーのわが社も「デル」のコンピュータを販売しているし、使ってもいる。

 

いまもマイケル・デルは「自分の感情に左右されず」意思決定をしているんだろうか・・・。

でもマイケルのこの一言はいま日本人がもっとも心にとどめおく必要があると思うぞ。

変化は絶えず起こっており、いまやネットの情報が国を破壊する時代だ。

ウィキリークスを見てごらん。

あの影響が、チュニジアやエジプトの騒乱を起こしているじゃないか。

こんなこと誰が想像しただろう?

 

ネットの威力が既存のマスコミの情報がいかに歪んだ、操作された「限定されたモノ」だったのかを証明したようなもんだ。その証拠にマスコミは世界中赤字に転落だ。

それが正しいか正しくないかは関係ない。

ネットはモノを売買する便利なツールから、人々の思考の同時・同期性、不平等、不満、欺瞞をあばきたてるインフラになったということだと思うぞ。

アメリカという国家が、「自由主義」を標榜しながら、いかに自分たちの国益だけで政治を行っているかってことは明白になっちゃった。

これまで日本の政治屋さんたちは国家・国民のことなんて考えてなかったってこともウィキリークスで明らかになっていくだろう。

民主党も自民党も同じ穴のムジナだ。

この日本、優秀な人材はマイケル・デルのような経済界に向かう。

あまった人材が「政治屋」になっている。

おそらく先進国の中でこんなにいいかげんな人材が政治家になれる国もないんじゃないかな?

バイカー修ちゃんは思う。

政治家のみなさんに試験をしてほしい。

科目は二科目でいい。

歴史・・・この200年ほどの日本史と世界史とその結果に至った自分なりの史観。

文化・・・日本の文化と世界の文化についての考察を2000字ほどで。

 

そしてそれを国民に公開すること。

いまや就職活動だってこれくらいの作文は要求されるんだ。

苦労するのが学生だけだってのはおかしいだろ?

選挙公約?あんなものになんの意味が?

政治とは未来を築くものだろう?

「未来」の構成物は「現在」と同じだし現在の構成物は「過去」と同じだ。

ゆえに「過去」を知らないものに「現在」を理解できるはずはなく、現在を理解できないものに「未来」を語る資格はない。

 

政治家にはまちがいなく「洞察力」と「教養」が必要だ。

学校の成績や学力なんかはあまり重要じゃないかもしれない。

東大を卒業したって、トンでもない自論を開陳して沖縄を日本を大混乱に陥れた総理大臣もいたくらいだからな。

政治家こそ、くだらない党のマニフェストなんかじゃなく、自分の主張を自筆で提出しろ。

すぐにゴーストライターに頼むのは目に見えてるから、国会開催の一時間前に、原稿用紙に書いて提出させろ。

 

どうでしょう?みなさん。

おそらくかなりの国会議員の先生が、おもしろい論文を書いて提出すると思うぞ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.q-bic.net/mt4/mt-tb.cgi/2056

コメント(2)

廣田くんありがとう!
言っちゃわるいけど、政治家の先生は「家業」になってるもんね。
そうなった段階で守りに入っちゃう。
自分の身分の保持にまわっちゃうからポピュリズムになる。
できもしないことをいいふらして、選挙だけを乗り切ろうとする。
当選したら偉そうに仕切りたがる先生が多いだろ?
税金で給料もらって何様だと思ってるんだろうね?

ギャハハ!! 先輩最高っす。このネタ村上龍あたりに売って小説書いてもらいたいですね。
今回のコメント、今の政治の問題点ドンピシャ突いてる。やっぱり先輩はおもろいなぁ。

コメントする

月別 アーカイブ