スウェーデン人は100年もの間、「ノーベル賞」の選考という作業によって、世界の知恵と知識の結晶を無償で手に入れてきたと言ってもいいであろう。

‐[1956-] 神奈川県出身の経営コンサルタント西野 弘の発言

バイカー修ちゃんが昨今、歴史は「政治の時代」「経済の時代」「文化の時代」をくり返す とよく述べるので聞かれる質問があります。

「経済の時代」は終わり、これからは「文化の時代」だ。

当然、文化の時代だって経済は重要だ。ここでは「価値観」が変化するということと思ってほしい。

では、バイカー修ちゃんが「文化の時代」の国家というモデルはどこだと考えているのか?

これがよくある質問なんだ。

それはね、北欧のスウェーデンにその例を見ることができると思っている。

北欧の美女伝説・・スウェーデン・・福祉の国スウェーデンってイメージが定着しているかな?

この国は、日本より広い国土に たった900万人!!しか人口がない。

その少ない人口で「政治の時代」にナチスドイツやソ連に翻弄されながら、自国製の戦闘機まで造り(!)立派な工業国となった。

今は「ボルボ」や「サーブ」などの自動車会社は外国に売却し、 「環境都市(シンビオ・シティ)」の構築や輸出などを行っている。もう20カ国に輸出してるそうだ。

ビルを建てるんじゃないよ。街をまるごとつくっちゃうんだ!

この都市システムは、ゴミを自動的に空気圧で地下道を搬送し、紙はリサイクル、有機ゴミはバイオガスプラントで、画期的なエネルギーの削減を行うというとんでもない高度な技術をもっている。

いまやスウェーデンは一人あたり所得は日本人の1.3倍。年間労働時間は日本人の90%だ。

それで高福祉、教育費用は無料っていうんだからものすごい。税金は当然高いよ!

しかし昔から武装中立国なんで、徴兵制度もある。

でもこの国は、自立してる。

人口が少ないから、国民のレベルをあげることもできるんだろうな。

おまけにスウェーデンも原発にたよってる。

でもアメリカの「スリーマイル島放射能漏れ」事件以来、12基ある原発の2基を廃炉にしてる。

いまや反原発国家だけど、そのスウェーデンですら原発の廃炉には難儀してるんだ。

この大人の国スウェーデン・・・。

それに比べ、個々の機械やものづくりは得意でも、システムの構築ができない日本・・。

耐震ビルはつくれても、「まちづくり」ができない日本。

エコカーはつくれても、「環境交通システム」がつくれない日本。

自らの国防ですらまともにできない日本。

こんなに歪んだ国にだれがした?

国民でしょ。

恐らくスウェーデンには理想の国家のビジョンがあるんだろう。

でも、どこもスウェーデンのような国家はないわけだから、試行錯誤の連続だろう。

日本にはビジョンがない。首相が語れないくらいだからないんだろうな。

アメリカ様のおっしゃるように精神的属国に甘んじて好きなものづくりに励んできた「オタク国家」の日本とは対照的だ。

カネは儲かった・・・でも過去の話だ。

「文化の時代」はビジョンの時代だ。

かつてもってたんだけど・・・忘れちまってる。

この国のインテリは、「伝統的な日本」が大嫌いな人が多いからね。

でも・・なんとかなるって思ってる。

スウェーデンだって、ソ連に脅されながらたたき上げてきたビジョンなんだ。

これからの日本にも大きな試練がやってくる。

これで覚醒するだろう。そう信じてる。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.q-bic.net/mt4/mt-tb.cgi/2071

コメント(2)

とある大学生さんいらっしゃい!
じつはねスウェーデンの「環境都市」のボイラーシステムは日本のクボタ製なんだそうですよ。
日本ってこういう個別のユニットの開発力は抜群なんですよね。
この前上海に行ったとき、日本の進出企業の社長さんが言ってました。
日本はプラント建設を受注しても造って納入しておわり。
ドイツの会社は技術者を派遣して、地元中国人技術者が育つまで教育する。この差は大きい・・と。
日本はやはり「ひとつのシステム」としての構想力が弱いと感じますねえ。

こんにちは!前回は返信ありがとうございました。再び失礼します。
スウェーデンという国は「環境都市」を20カ国に輸出しているんですね!興味があるので調べてみます。環境について研究してた友がスウェーデンに留学してますが、やはり学ぶことが多いと伺いました。

世界の水問題や環境・エネルギー問題を考えたときに、新興国などに対して「システム」として輸出が求められていると思います。ただ、日本メーカーも気づいてて、例えば、「スマートシティ」だと、日本の重工メーカーに加えて、大手商社やエンジニアリング会社が参加することでシステムとしての輸出を目指しているようです。私はこの日本のエンジニアリング会社なら、日本の個々のものづくりをつなげ、システムの構築が可能なのではと考えています。
とは言っても、現実的にはおっしゃる通り、やはり国のビジョンを明確にし、国を挙げて取り組まないと厳しいみたいです…

コメントする

月別 アーカイブ