この40年間で100カ国以上を旅してきたが、日本ほどいつも何かに脅迫されている国はない。

世界有数のストレス社会であることは間違いない。

‐[1947-] 東京出身の宗教人類学者・ギャンブラー 植島啓司の言葉

僕も同感だなあ・・。

日本の社会の異質性、規則がゆるくみんな基本的に優しい・・のに、他人と違っていることに対する許容量が狭いような気がする。

規則よりも、法律よりも、「周りの空気」が優先する社会・・・そんな気がする。

基本的に「辺境の田舎者」なんだろうな。

だから素直な正論は吐くと、ものすごく周りから浮いてしまう。その「浮いてしまう」ことを恐れる社会って感じかな。

趣味の世界だってホンネを語らないもの。

僕は「ドカティ(DUCATI)マイク・ヘイルウッド・レプリカ」っていう1982年型の赤いバイクを持っている。

まあ・・人気車種ではあるな。今もムカシもイタリアン・スーパースポーツで日本人じゃマネのできない美しいスタイルをしているラテン美女だね。

バイクのドカティは想像できなくても、クルマのフェラーリならなんとなくイメージうかぶでしょ?

マイク・ヘイルウッドのレプリカって車名から想像できるように、このバイクは、伝説の元GP500ワールドチャンピオンの英国人レーサー、マイク・ヘイルウッドが1978年に英国のマン島TTレースって格式の高いレースで、当時圧倒的性能を誇っていたホンダやカワサキの日本製バイクをイタリア製ドカティをライディングして下馬評を裏切ってブッちぎりで優勝したことを記念して販売されたバイクだ。

前置きが長くなったけど、「世界でもっともスパルタンなバイク」やら、「ウデがあるライダーには最高のマシン」なんていわれてるので、みんなコレに乗ると血圧があがる。

今もムカシもドカティっていうバイクのイメージはコレだ。

これを持ってる人も、雑誌のインプレッションも押しなべて「走る、曲がる、止まる」が明確で素晴らしいとのたまう。

でもね、僕はこのドカティを愛しているけど、このバイクは20年乗ってもとても「まともに」走れない。

このバイクは、極めて少数のマイク・ヘイルウッドのように「ウデのいいライダー」には、最高のマシンなんだ。

ウデのいいライダーには最高の運動性を引き出せるんだろうけど、僕ら普通のライダーには、コーナリング中の安定性に欠けるは、ちょっとしたアクセルワークで車体の挙動が変化するは、硬質なアクセレレーションでバンク中にリヤタイヤは流れだすは、直線でもホイールスピンするはで「怖いバイク」のハズだ。

日本車のような優しさ、乗りやすさはみじんもない。

僕らのような「普通の」ライダーには、とても手に負えない・・・ま、そこがこのような「愛人バイク」の魅力なんだけど。

最新型のドカティもそうだ。

乗ってると、あまりの難しさと、デリケートさにストレスがたまってくる。

みんなそう感じているくせに「そうは言えない」空気に流されてるだろ?

プロのレーサーが褒めるから「乗りにくい」なんて言えないんだろ?

「速くなければ笑われる」って脅迫観念に取り付かれてるだろ?

これが日本人の思考なんだよねえ。

自分の感覚よりも他人との空気を優先する。

趣味の世界でコレだから、仕事の世界じゃ大変だ。

ほとんどの日本人には「自分の主張」がない・・・ように感じる。

「・・・だと思います。」「・・・みたいです。」つねに断定しない。

自信がないからだろう。

ほとんどの日本人は男性も女性も声が小さい。

存在を主張して「ういて」しまうのが怖いんだろう。

でもこれからは、自分の主張をきちんと述べないと、人生袋小路に入っちゃうよ。

僕は自分の考えを述べる。

「ドカティはとっても乗りにくいです。ハラがたってきます。」

「でも、たまに決まったコーナーの快感は最高なんです。」

「難しい難しいバイクだから、一生乗って、自分のものにしたいんです。」

「いまだに、コレに乗って、走る、曲がる、止まるがビシっと決まったことはありません。」

「僕はとってもへたくそなライダーです。」

あ~ホントのことを言ったらスッキリした~。

ストレスなんかぜんぜんたまらないと思うぞ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.q-bic.net/mt4/mt-tb.cgi/2122

コメント(4)

松さん、おはようございます。
組織で働くストレスに耐えかねて僕も会社を辞め、結果今のようになったんだって感じてます。
自分で決めて自分で動くってその宮使えのストレスからは開放されるけど、やっぱ社会という組織の構成員であることは変わらないし、お客様も組織だったりするので新たなストレスになりますよね。
諏訪神社初めて参拝したんですね!
そっか~、松浦からだと諏訪神社に行くことなんかないですもんね~。
バイク・・・、松さんもあのカスタムCB750で同じように悩んでるんですね。
ドカティはやっぱ「愛人バイク」ですよ(/ω\)ww
あれに乗って「うまい人」(しかし・・いるんだよなぁ~)がうらやましい。
じつは僕も最近カワサキW1ばかり乗ってます。
あれは「癒し系」の「奥さんバイク」ですよねえ。
乗るとホッとする。

ども!修さん
今回のテーマは、今の私にぴったりはまるテーマですね。

全く仕事に関して 言いたい事言えず 今の状況をどうしたら 好転出来るのか解らずタダモンモンと 誰か聞いてくれる人に愚痴を言いたくなる。

一度組織を飛び出して 別の束縛は受けながらもある程度自由気ままに10年以上もやっていると 組織に組み込まれて仕事するのに 今まで感じた事の無いストレスを感じて仕事してます。

早く抜け出せる最善の方法を考えないとと・・行動もしてるんですけどね~ なかなか難しいです。

そう言えば、私今年は生まれて初めて「諏訪神社」にお参りに行きました。TVで見ると結構広く大きなイメージでしたが 思ったより小さかったですね。

バイクに関し 修さんがドカで 感じてるストレス・・・私はCB750で感じてますよwww
昔箱根を刀1100で気持ちよくぶっ飛ばしていたイメージだけで乗ってますが 未だに走る・曲がる・止まる どれも満足出来ず ストレス感じまくってます。

そう言う意味でW1Sばっかりに成ってるんでしょうけど・・・

山さん、今年もよろしくお願いします。
仕事の責任があがるとものの見方も違ってきたんじゃないですか?
山さんも正月は山本一力でも読んでたんでしょうか?
僕もちょっとショックなことが続きまして、正月はおとなしくしてました。
しかし新年ですからね!また「て●」にでも行きますか(^_-)-☆
今月中に行きたいですねえ!

「私はとってもお酒が大好きです。でもいつも調子に乗って飲みすぎて夢の世界に行ってしまいます。」
こんな感じですかねぇ~
修さん遅ればせながら改めまして、今年もよろしくお願いいたします。昨年は喪中ということもあり、個人的な年賀状など遠慮してたら、いつの間にか正月も終わっていました。
修兄いも昨年末は悲しい事があって大変でしたね・・・
つい連絡しそびれてしまいすみませんでした。
まあお互いいろんな事があるけれど「世の中思うようにならない事があたりまえなんだ…」くらいに考えてストレスとはおさらばしましょう!今年もお互いポジティブに行きましょうね!
お楽しみ新年会はいつにしましょうか(笑)

コメントする

月別 アーカイブ