成功した商品の裏には必ずデバイスがある。そのデバイスを作る血のにじむような努力、さらに商品を格好のいいデザインにする力がいるのだ。

その意味でトヨタ自動車を支えているのは、「デンソー」であり「日立製作所」であろう。

‐[1637-] ソニー元会長・クオンタムリープCEO 出井伸之の発言‐

いまはすごく業績の厳しい「ソニー」の元会長、出井伸之さんの言葉だ。

日本のモノづくりの表舞台に立つ「ソニー」や「トヨタ自動車」。でもその根幹を支えているのは「デンソー」だったり「日立製作所」だったりする。

もっといえばこの中小零細企業にものすごい技術を持った会社があるってことだね。

先般の東北大震災である中小企業が津波被害でストップしたとたんに世界レベルで自動車はじめ電子機器の生産が止まったということがあったよね。

日本にはこんな「スーパー中小企業」がまだかなりあるってことがあの震災で表に出た。

でも意外とこんな「スーパー中小企業」は大手メーカーの影に隠れてあまりもうかってなかったりするんだよね。

商売って、アップルみたいに最終ユーザーが「素人」の場合がいちばん儲かるんだ。

逆に相手が「プロ」であると・・・儲からない。

だから、下請けでいくらいいもの作っても買い叩かれて利益がでない。

そういう構図になっている。

トヨタ自動車の信頼性や高品質は大方、下請け企業の優秀さによってなされているって言ってもいいんじゃないかな?

とりたててデザイン性が優れているとも思えない。むしろ(?)って感じだし、自動車としての「走る」「曲がる」「止まる」ってのもま、平均的でそんなに優れているわけでもないと思う。

しかし信頼性はバツグンだ。これが一般的なトヨタ車のイメージじゃない?

その信頼性が下請け会社の上になりたっているわけだから、日本のものづくりってやっぱりすごい!

では、トヨタ自動車は、本来のメーカーの責務である、もっとよいセンスのいいデザインで、素晴らしい走りの性能の自動車を作らなきゃ、いかんのじゃないでしょうか?

マーケティングの弊害で「なんのためにあるのかわからない」ような車種をもう少し減らして、突然音声が大きくなる軽薄なコマーシャルをやめてほしい。

女性ユーザーのみなさん、あなた方はあんな女性をバカにしたようなコマーシャルを見てハラがたたないんですか?

クルマは命がけで乗らなきゃいけないシロモノなんですよ。

少なくともバイク乗りは、何万円もするヘルメットと防具のようなウエアを着ることで、自分の乗るバイクが危険なものなんだって頭で乗る。

ところが・・ところがだ!リーディングカンパニーたるトヨタ自動車のコマーシャルには、そういう真面目さがあまり感じられない。

ま、あくまで主観的な話なんだけどさ。

あの、ヴィッツやパッソのCMや、「島耕作」をパロったようなマークXの広告を見て、レクサスに乗る気にはさらさらなれない。

僕は少なくとも自分で乗るクルマは真面目な姿勢と・・自分で乗って決める。

バイクにかぎって言えば、カワサキやスズキはとても真面目に質実剛健にものづくりをしていると思う。絶対外国のメーカーに負けていない。

なんかトヨタ自動車にもそういう「質実剛健」さがほしいなあ。

あまり下請けいじめや、コストダウンの方法ばかりがクローズアップされちゃいかんでしょう。

BMWやメルセデスに品格で負けない商品がなかなかできないのは、企業理念の問題なのかねえ。

少なくとも技術的には絶対負けていないはずなんだから。

デンソーやユアサ、NGKなんかのブランドイメージは、僕の中じゃ「トヨタ」より上だもんね。

僕は、DUCATIってイタリアのバイクも持っているんだけど、基本的にエンジンも車体も丈夫でとてもいいバイクなんですが、電装品やプラグやバッテリーは、日本製を使います。

それくらい日本製の部品を信頼しています。「トヨタ」というブランドよりも。

大メーカーさんはもう少し、下請け会社さんを可愛がった方がいいんじゃないかな?

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.q-bic.net/mt4/mt-tb.cgi/2130

コメント(4)

松さん、メグロですか?!
それ単気筒250のメグロS3ジュニアでは?
僕のオヤジがムカシ乗ってたんですよ。カミナリ族の頃・・・。
うちのオヤジはあのメグロが忘れられず、その後逆チェンジのカワサキW1Sを購入・・・(もちろん中古で)
もう世の中、カワサキZ2(当時はRSって呼んでた)やホンダCB750が走りまわっていて、W1Sはいかにもクラシックって感じでしたねえ・・・1975年頃のハナシです。

そりゃそうですよね!W1のエンジンは、元メグロの500スタミナK1ですもんね。500ccを624ccにボアアップして、クランクケースを補強したのがW1。すでにメグロはカワサキに吸収合併されていた。基本設計は、1950年代のもの。
松さんや僕が乗ってるこの「カワサキW1SA」のエンジンやフレームは基本的に60年も前の設計なんです!

それがまったく普通に走ることの素晴らしさ!!
イマドキのバイクは絶対50年後は走っていないでしょうね。

連続書き込み済みません!

福岡の現場近くで タンクまでサビで土色のメグロが古~~~いナンバー付けて現役で普通に走ってました。

この寒い時期に どう見てもワンオーナ?レストア無し 当時のまんま・・・
思わず車中で「わ^!メグロだ!」って声が出てしまいましたよww

おお!松さん、すばらしいですね!!!w(゚o゚)w!
あのT与太自動車のKローラに松さんが作った制御盤が!
大企業もさ、ひとり儲けて昼食零細企業は「生かさず殺さず」じゃあんまりですよね!
日本の工業製品の信頼性が高いのは供給部品の信頼性の高さにあると本当に思います。
この前、行きつけのバイク屋さんで15万キロも走った古いベベルのドカティがオーバーホールされてましたが、バイク屋のマスター曰く「エアクリーナーもついてないのに実にしっかりしてる」って言ってました。
このベベル・・、電装系さえ日本のデンソー製やカプラーやハーネス、レクチファイヤーに変えてやり、ウオタニの点火系をつけてやったらもう最高です。
ぜんぜん壊れないドカティになっちゃう。
ボディ周りなんかみると、イマドキの日本のバイクはまるでプラスチックのおもちゃみたいですもん。

メイド・イン・ジャパンの信頼性は底辺にあると思いますねえ。

ども!修さん 昨日雪の中下道途中まで走って帰って来ました。

”商売って、アップルみたいに最終ユーザーが「素人」の場合がいちばん儲かるんだ。”

”逆に相手が「プロ」であると・・・儲からない。”

これは私も常に考えてる事なんですけど・・・って言うかみんなそうなんですねww

トヨタ・・・チョット前まで私もT与太自動車の部品を作っている工場で使われる小さな機械の制御盤作ってましたww

最終製品は車のパーツの極一部でしか無かったですが、今でもそれは使われ続け その耐久性・耐候性は上がっていて 一番売れているKローラにも採用されてます。

Pソニックの小エネ冷蔵庫の重要部品を製造している機械の制御盤も私が最初は作りました。

世界的に有名になった台湾のDVDメーカの重要な機械の制御盤は私が操業したてで私のガレージが作業場だった頃何十台も作った物で動いてたんです。(だから不良品が多かった訳ではないと思いますがww)

大企業は中小企業が支え中小企業・大企業に限らずそこで使われる機械や部品は様々な中小・零細が支えている訳ですよね。

話元に戻って・・・・・人騙すのが商売じゃ無いですが プロ相手の商売って儲かりませんね~~~、特に見える物はどうしようもないww


コメントする

月別 アーカイブ