アンリ・ベルクソン

「笑い」はこだまを必要としているように思われる。

だがそれは、無限の連鎖ではなく、一つの円内で進行するのである。

つまり、笑いとは、「常に一つの集団の笑い」なのである。

‐[1859-1941] フランスのユダヤ人哲学者・ノーベル文学賞受賞者 アンリ=ルイ・ベルクソン『笑い』より‐

4月21日土曜日は、会社の新入社員歓迎会、任期満了で退職される方の送迎会、本田嘉彦会長の誕生会を兼ねた社内大懇親会だった。

大村市の「サンスパ湯の華」でソリューション事業部約50人が集まって大いに盛り上がった。

今回は、役職者中心に結成された「KKB8」が圧巻だったなあ。

営業部長がマネージャーが、金髪ヘアで踊って歌い一気に固い表情だった新入社員くんや中途採用社員さんも盛り上がった。

僕のFacebook で見てくださいね!

 

中途採用で入社したNくんが、「驚きました・・。これが社風なんですねえ」ってつぶやいた言葉が印象的だったなあ。

前の職場では、懇親会のときもシーンとした雰囲気だったらしい。

 

なぜこの「笑い」が大事なのか?

この「KKB8」の中には、普段まじめではにかみ屋さんの社員さんもいる。

それがもうハジけて・・・けっこう女装が美しいのに驚いたくらい!

この不可能を可能にすることが、「笑い」の力の真骨頂だと思うぞ。

僕らの仕事は、いまや複雑系の極みで、けっして一人で受注はおろか、提案することさえできないような内容になっている。

営業さんは、複写機一台販売するにも、AED照明を販売するにも、複雑な知識といろんな専門人材をまとめて、お客様のためにタクトをふる指揮者・・・って感じなんだ。

チームワークとリーダーシップがキモなんだ。

最近は女性営業も増えました!みんな優秀だよ!!

 

だからこそ、懇親会での爆発力はとっても大事。

今回だってひそかに練習してるはずなんだ。聞けばダイソーでカツラも自費で調達してきたらしい。

懇親会にだって役職者が率先垂範で全力投球!!

ここが九州教具のパワーの源だと思うぞ。

さあ!新入社員のみなさん!仕事はレジャーだ!

仕事は遊びだ!

遊びに全力投球できないやつが仕事に全力をだせるはずがない。

社長は期待しています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.q-bic.net/mt4/mt-tb.cgi/2145

コメントする

月別 アーカイブ