『ダーティハリー』ハリー・キャラハン刑事のセリフ

今日はツイてるか?どうなんだこのチンピラ野郎!

Do I feel lucky, or do you, punk!

さあやってみろ。俺を楽しませてくれよ。

Go ahead. Make my day.

1971年米国映画『ダーティハリー』 クリント・イーストウッド演ずるハリー・キャラハン刑事の台詞

みなさんは映画は好きですか?

僕は中学から高校生まで、学校をサボって映画ばかり観ていました。

なんせチビだったので街中をウロウロしていてはすぐに補導されてしまいます。(実際されました・・・)

そこで!300円で洋画3本立てとか、小津安二郎特集とかの安い映画館に逃げ込んで・・・夕方までやりすごすという手を使っていました。

まあ、単なる不良少年ですね。

ところが・・・最初は居眠りこいてた難解なフランス映画も・・・いつしか観ハマってしまい・・・そのうちクソおもしろくもない学校を、「映画を観るため」にサボるようになってしまいました。

いつしか300円でもチリも積もれば・・で母の豚の貯金箱から50円の貯金を盗んでまでいく始末。

僕の「知る」楽しみの第一歩は映画からなんです。

あまたの映画で好きな映画はたくさんあれど・・・いちばん観てるのはドン・シーゲル監督・クリント・イーストウッド主演、1971年米国映画『ダーティハリー』ですね。

この映画、イーストウッドの伝説的出世作として有名ですね。

スミス&ウェッソンM29 44マグナムを一躍有名にしたアクション映画・・・ってイメージですかね。

 

でもね、バイカー修ちゃんはあまりアクション映画のドンパチものは好まないんだ。意外でしょ?

この映画のすごいところは、脚本とその細部の芸の細かさにある。

なんといっても、犯人はベトナム帰還兵の精神を病んだ「スコルピオ(さそり座)」っていう異常者だ。

無差別殺人、誘拐、警官殺し、レイプ、もうハリーの44マグナムで殺されても誰も文句は言わないって凶悪犯だ。

このスコルピオ、映画の中ごろにハリー追われて観念し、両手をあげて降伏したにもかかわらず、ハリーは足を撃ち負傷させ、その足を踏みつけて拷問し、自白させ無事誘拐少女の遺体と、犯行の凶器となる狙撃中も押収され、めでたしめでたし・・とはならない!

 

弁護士がでてきて、ハリーの逮捕状なしの違法捜査、拷問の罪を問われ、違法捜査による自白は無効となり、なんとスコルピオは無実に!!!

ハリーは暴力刑事という烙印を押されクビになるかも!

なんという不条理!?犯人であるのは明白なのに、犯人が被害者になってしまうというこの脚本の素晴らしさに感動したのでした。

高校生のとき最初観たときは、カッコいいイーストウッドのアクションにしびれ、44マグナムのカッコよさにしびれ、2度目観たときは、その脚本の素晴らしさと「法治国家」の法律第一主義の矛盾にオドロキ、3度目観たときにはその小道具のコダワリに驚いたのです。

そのこだわりとは・・・

スコルピオの持つ狙撃銃は、なんと旧大日本帝国陸軍の「九九式狙撃銃(きゅうきゅうしきと読みます)」をパラシュート部隊用に二分割できるように改造された「二式小銃」ではないですか!!

この二式小銃は通称「テラ銃」と呼ばれてました。鉄砲・落下傘(テっぽう・ラっかさん)でテラ銃。

僕は銃に詳しいのですぐにわかりましたが、なぜ戦前の日本の小銃が?なにかのまちがいか?と思いました。

次にスコルピオがサブマシンガンを夜のサンフランシスコでぶっぱなし、警官を射殺する。

この銃が、ナチスドイツのMP40通称「シュマイザーMP40」だね。

 

次に最後にスコルピオが通学バスをジャックして身代金を要求し、逃走するときに握ってる拳銃が「ワルサーP38」こりゃあまりにも有名な、ナチスドイツ時代の拳銃だ。

つまり、この犯人スコルピオはファシズム時代の日独の銃を持つことでその性格を表現している。

またロングショットでゴールデンゲートブリッジが映るとき、発売されたばかりの「ホンダCB500Four」が走ってる!!

1971年は、made in USA が輝いていた最後のころだ。

『ダーティハリー』は、腐りかけてきたアメリカの暗部を象徴する世紀の傑作映画となり、偶然この役をフランク・シナトラやポール・ニューマンらの代役として演じた二流俳優クリント・イーストウッドを超一流の俳優・・・そして映画監督にまで押し上げる作品となった。

この後、刑事ものブームが起こり、『ダーティハリー』も5作までつくられ、御大ジョン・ウェインも『マックQ』でイングラム・サブマシンガンをぶっぱなす刑事さんになるのでした。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.q-bic.net/mt4/mt-tb.cgi/2199

コメントする

月別 アーカイブ