優れたリーダーとは、優秀な才能によって人々を率いていくだけの人間ではない。

率いられていく人々に、「自分たちがいなくては」、と思わせることに成功した人でもある。

-[1937-] 東京出身のイタリア在住の作家 塩野七生1993年著『ローマ人の物語Ⅱハンニバル戦記』より-

先ほど、8月23日更新のアルキメデスにP4Uサマがコメントを書き込んでくれて、その返事を書いたときに思いついたのがこの塩野七生さんの『ローマ人の物語Ⅱハンニバル戦記』にでてきた言葉だ。

http://www.q-bic.net/biker_blog/2013/08/post-2406.html

あまりに名言なんで、あらためて皆さんに紹介することにした。

『ローマ人の物語』はとてもおもしろいのは当然なんだが、僕はこのハンニバル・バルカというカルタゴ将軍にとても興味をもっている。

カルタゴっていうと、北アフリカの北端、イタリア半島の対岸にある都市国家だ。

こんなところに2200年前には偉大な都市国家があり、ハンニバルが生まれ、ローマ帝国を震撼させたんだ。

彼は9万もの大群で、アルプスを越え(うそのような話だが本当だ)ローマ帝国になだれ込む。

まさにこのときハンニバルは、「道はみつけるか、なければ造るのだ」という名言をはいた。

http://www.q-bic.net/biker_blog/2006/06/post-89.html

歴史ってのは、民衆がつくると思ってるだろ?

違うんだ。歴史は偉大な個人によって大衆を扇動し創られるんだ。

 

この偉大なハンニバルのローマ帝国侵略のときアルプスで戦ったガリア人の末裔がフランス人にもたくさんいる。フランス語では、ガリア人は「ゴルワ人:Gaulois」という。

だからフランスには、「ゴロワーズ:Gauloises」っていうタバコがあるだろ?

2000年後の偉大な皇帝ナポレオン1世は、ハンニバルをたたえてこう言った。

「ローマの入り口で共和国を震え上がらせていたのはカルタゴの軍隊ではない。ハンニバルである」

日本はあまり個人に注視することを好まない。なんでも「民衆が」「大衆の支持が」なんていいがちだ。

この結果どうなるか?なんでも人任せの無責任体制ができあがる。

文句だけは一人前に言うが、自ら動こうとする人は少ない。

偉大なリーダーとは、人々の潜在的な、服従欲と、「この人に尽くしたい」という気持ちとを引き出す能力に長けた人なのかもしれない。

 

ハンニバルは、必死のアルプス行軍で、9万の兵士の7万を失ったという。

残った2万の兵士で、ローマ軍を震え上がらせたというから、残った2万の兵士の士気は高かった。

恐るべきリーダーシップだと思う。

ナポレオン1世も、この偉大なリーダーシップに感服し、先の言葉を述べたのだろう。

歴史って素晴らしい。

偉大な人に事欠かない。

僕らは、ハンニバルの足元にも及ばないけど、ハンニバルの偉大な夢の共有はできる。

 

塩野七生さんの本との出会いは、僕の人生を変えたといっても過言じゃない。

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.q-bic.net/mt4/mt-tb.cgi/2207

コメント(4)

P4Uサマいらっしゃい!

僕にすばらしいインスピレーションをありがとうございます!
いまやP4Uサマも、一国一城の主です。リーダーなんですね。
ぜひそのカリスマ性ただよう神秘のセンスで、業界のリーダーとなってください。

サラリーマンのころは、仕事とプライベートは別ですが、リーダーとなると、なんでもいっしょです。
FBやろうが、バイクに乗ろうがすべては生産活動です。
趣味ですら、芸術的センス「文化の時代」に対応する修行です。
P4Uサマは、「経済の時代」に対応できない存在だからこそ、「文化の時代」の騎手にならなければいけません。
あんな素晴らしいバッグを創れるセンスを爆発させてください!

しろ木さん、はじめまして!
僕もこのインターネットの世界には本当に驚き、恩恵を受けています。
このおかげで世界の途上国の貧しい子どもたちが教育を受けることができ、日の当たらないさいはての場所で起きている国家の横暴が暴露されることになりました。
素晴らしい発明でもあり、劇薬でもありますね。

このネットの社会がどう進化していくのかは誰にもわからないでしょう。
人間は進化の動物ですから、一世代ごとにネットに対応する進化をとげ、人間の社会も変わっていくものしかいえません。
それを楽しみにしていきましょう!

修さま
ボクのコメントがハンニバル将軍まで呼び寄せてしまい恐縮です。
「この人に尽くしたい」というカルスマ性はリーダーには絶対必要ですよね。だからいかに自分に尽くさせたいと思わせるかがリーダー、管理職、社長に必要な資質なんでしょうね。ボクの周りには反面教師がたくさんいらっしゃったので、修サマと比較し、とても勉強させていただきました。
勤務時間中にFBにネタをアップしていても、やるべきことをしっかりしていれば誰も文句は言いませんよね。

私の人生を大きく変えたのは、インターネットでありソフトバンク、ヤフー、グーグル、アマゾン、マイクロソフトなどです

こうして社長のブログからハンニバルを知ることもできました

まさに道なき道を進むインターネットの最先端はアルプス超えの厳しい戦いでしょう
インターネットについて行くというか、ついて行かざろうえない状況です
死ぬまでインターネットについて行くんでしょうね
インターネットは何十億の人々を引き連れてますね
強力な武器であると同時に、非常に怖い存在でもあります

さて、誰がこの最先端に立ち、世界の人々を引き連れて行くんでしょうか?
道なき道をですね

コメントする

月別 アーカイブ