30年間地元を這い回った努力の政治家が落選し、何もしなかった青年が当選する。

大した利益も上げていない企業が株式時価総額で従業員数万人の大企業を上回る。

テレビの司会者や無鉄砲な投機家が、有名企業のCEOに就き、永年勤続の副社長をクビにする。

「ああ、あほらし!」と叫びたくなることがたくさんある。

‐[1935-] 大阪出身の作家・元経済企画庁長官 堺屋太一の言葉‐

つい最近、「テレビを見るとバカになる」とFacebookで発言し、いろんな方からの意見をいただきました。

https://www.facebook.com/shuichi.funahashi/posts/508340649259804

このみなさんの発言の内容、見識にいたく感動いたしました。正直な気持ちです。

「テレビ」というメディア・・・本当はFacebook や LINE を含むSNSや、新聞・ラジオなどの既存の媒体も含めて、メディアと呼ぶべきなんでしょうが、あえてテレビとしたのはテレビこそ近代社会の代表的なメディアであると思うし、ネットに追われて斜陽化が久しいと言われながらも、テレビのもつ影響力はやはり大きいと思います

 

今日の堺屋太一さんの言葉にもあらわれているように、政治・経済・スポーツを含むエンターテインメント・・・あらゆる世界でのテレビをはじめとするメディアの影響力は絶大です。

まさに、テレビを実用化したナチスの意図はここにありって感じですね。

テレビで発信されることは「事実」と受け取られ、本人の意思とかけ離れていく。

 

僕自身、8年前の「耐震偽装事件」に巻き込まれたとき、僕と面談してもいない大手新聞社からありもしない記事を書かれ、衝撃を受けたことがある。

このときは風評被害で絶体絶命か?と思ったけれども、ネットやこのブログに事実を公表することでそれは避けられた・・・というよりも、お客様から逆に支持を受け、稼働率が向上したくらいだ。

 

ここで僕は、テレビや新聞がいかにいい加減な記事を「思い込み」と「視聴率優先」で書くのかを知った。

そして、インターネットという個人や一企業が主張できるメディアのすごさを思い知った。

以来、僕はテレビ・新聞の大手メディアを信用しなくなった。

情報は、複数のチャネルで取り、大事なことは自分で判断することだと思うぞ。

インターネットも嘘が多いけど、テレビの番組はニュースやドラマ、ノンフィクションなどにも、作り手の意図が隠されている。

民法のニュース番組の司会者や「有識者」、タレントのコメントには驚きを通り越してあきれることが多々ある。

あんなコメントを大部分の人が、「自分の考え」として受け入れイデオロギー化していくと思うと怖ささえ感じる。

どうかみなさん、日本のメディアをあまり信用しないでくださいね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.q-bic.net/mt4/mt-tb.cgi/2209

コメント(4)

Peace4Uさまいらっしゃい!
僕もテレビを全部否定するものではありません。
僕も立派なテレビっ子でした。ウルトラマンやサンダーバードにどれほど熱狂したか(って過去形じゃなく現在進行形ですが・・・)。
そうですね。「とりあえずテレビ」や、「テレビのみが情報源」ではいけないと思うんですよね。
ビデオとネットでテレビの見方も変わりましたよね。
先日、ローカル放送局の審議会にでたときに、視聴率ってのはリアルに見ている人しか割り出せないそうで、それじゃ視聴率が下がるのは当然だし、CMカットする人も多いだろうから、スポンサー減るのも当然だなって思いました。
予算カット→劣化番組増→視聴者離れっていう悪循環におちいっているように見えるテレビ業界はいま曲がり角なのはまちがいないようです。

ppさんいらっしゃい!
おもしろいこと言うなあ!でも大方同意します。
僕もけっこうシュールに世の中を見ている方だと思います。
そして・・・すべての情報には意図的なフィルターがかかっていますよね。
個人の情報だってそうです。本人は意識していないかもしれませんが本人の「価値観」というフィルターがかかっています。
ようは自分自身の判断と選択ですよね。
それをできなくしてしまうのがテレビの恐ろしさだと思います。

TVはNHKも含めですね
あまり信用できないものに受信料を払わせられる

テレビの天皇や創価学会の情報もよく分かりません

要はテレビでは“言ってはいけないこと”があるんでしょう
“言ってはいけないこと”に重要なことがあると思うんですけど

まず、義務教育で
“力関係で情報は歪曲される、その歪曲された情報をどのように解析するかの能力を高める必要がある”
ということを教えるべきだと思います
教科書を100%信用してはいけない
もちろんテレビを100%信用してはいけない
先生も100%信用してはいけない
ですね
社長も100%信用してません
信用してる部分が他の人より多いとは思います(笑

ボクはテレビにとても影響を受けたと思っています。
「野生の王国」「驚異の世界」などを観ていなかったら、今の自分は無いと思います。最近でも「白熱教室」などは本で読むよりテレビの方がより感銘を受けました。最近は「ナショジオTV」なども大好きです。

一概に「テレビ」と云っても番組は色々ありますので、取捨選択すればそんなに悪いモノでもないと思います。
「とりあえずテレビをつける」みたいな生活をしてしまうと、脳みそ空っぽ状態を生み、洗脳されてしまうのでしょう。
修さまがおっしゃられているように、「大事なことは自分で判断する」事が一番大切ですよね。

それと、ボクは見たい番組のほとんどは録画して、観れる時間に観るようにしています。テレビの番組表に振り回されるのはかないませんからね。

コメントする

月別 アーカイブ