お金というのは国家をも破壊する最大の暴力のひとつなのである。だから、資本主義が入ってきたとき、労働意欲を失っていたソ連の人々はそれにまったく対抗できなかった。

ソ連崩壊後の1992年、年率2000%という超インフレが起きて、国民の貯蓄はふっとんでしまった。

-[1960-] 東京出身の元外交官・作家 佐藤 優20084月の発言-

僕は経済学者とまったく違うとらえ方をすることが多々ある。

それは、いまの日本が20年も低迷している真の原因は、ソ連崩壊と同じく、「カネの暴力」に抵抗できなかったからだということだ。

日本は戦前まで、長い間「貧しい国」だった。

明治から昭和にかけて軍事的に成功した時期ですら、ほとんどの国民は貧しい上に年収の半分くらいをもっていかれて、そのカネで無理して軍事国家になってなんとか列強の一国に成りあがった。

 

しかし、第二次大戦に敗北してアメリカの保護の元、世界第二位の経済大国に成りあがった。

親子代々の貧乏人がはじめてカネを持って世界の国々に買い物に行けるようになったわけだ。

そしてたった40年ちょっとでバブル・・・。

天国と地獄を味わっている。

佐藤 優さんが言うソ連の崩壊とじつは似てるんだと思う。

日本が本当に資本主義社会なのかは怪しいからね。

この国ももしかしたら、よくできた社会主義なのかもしれないしね。

 

カネっていうのは、暴力だと思う。人を狂わせる魔物だと思う。

これをコントロールするには、ものすごい理性と倫理観が必要だ。

一神教の国で経済大国が多いのも、それと無縁じゃないだろう。

なんせ暴力に慣れて、外国からしぼりとってきた元帝国の悪辣な国・・・それがヨーロッパの列強だろう?

大英帝国博物館なんて、海賊が世界から盗んできた宝物を展示してる。

 

日本人のように、信仰心もあやふやな、倫理観そのものが貧しいがゆえの相互互助に根差した国での、カネの暴力の被害はすさまじかったと言わざるをえないと思うぞ。

 

こりにこりた日本人は、じつは潜在意識で貧しかったころの、元の日本に戻りたがっているんだと思う。

貧乏な日本人だったからお互い助けあえた。

誰かが小金持ちになったら、足を引っ張り合い、不平等さに不満を言う。

やっぱり西欧やアラブの国々のように、良し悪しは別として、少数とはいえ、真にリッチな人々がいた一神教の国とは違うんだと、つくづく思う。

 

「自由経済」って都合のいい言葉は、この一部のリッチな人たちが得する社会を言うんだよ。

日本人ですらカネの暴力に疲れ切っていまだその傷が癒えないのに、悪平等の社会主義でやってきた隣の国では、もっと「カネの暴力」の劇薬度合は強いだろうな。

なんせ伝統の儒教までも徹底的に破壊しちゃった国だもの。

「社会主義」ってのは見えるものしか信じないって性格をもっているから、なおさらカネの暴力には脆い・・。

 

賄賂をとる人の不正は天井知らず。

2億5千万人もいるらしい最貧の人々はいまだおカネの恩恵を受けず、大部分の中産階級の人たちは来るべきバブルの崩壊で、痛手を食らうだろう。

 

なんせ、日本よりも「カネに対する免疫」がない国だからね。

恐るべき劇薬になるだろう。

経済が向上すればなんでもうまくいくってのは、心理学も哲学の単位もとってない、経済学者のたわごとなんだ。

 

経済が傾けば、多くの中国人があのころに帰りたいと、毛沢東時代に回帰するかもしれない。

そんなことになったら、身の破滅なんだけどね。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.q-bic.net/mt4/mt-tb.cgi/2214

コメント(4)

廣田くん、それおもしろい発想だね。
たしかにいま、聖徳太子の一万円札を使えなくしようという案があるらしいよ。
まだ大量に眠っているらしいからね。

なんかうまいように吸い上げられて、カネは外国にいっちゃうんじゃないだろうか?(笑)

紙幣に賞味期限つけたら、世の中どう変わりますかね
ストックはモノに替わる
サービスの利用は増える

製造業の回転が上がる
消費の回転が上がる

マネーゲーム、ローン、電子マネーの在り方みんなで考えるようになる?

松さん、いらっしゃい!
ほんとにそうですよね。上海とその周りは異常です。
あんなにマンション造って、人はいない。でも浮浪者みたいな人はいっぱいいて・・・なんか異常ですよね。

ここがカネの怖さですよ。権力のみが妙な偏りを見せているこの国で、カネまで偏ってる。
まともじゃすまないね。

経済学者は、「そんなことない!」って言ってるけど、アメリカだって「バブルではない!」って言ってたやさきにリーマンショックがきましたからね。

昨年から何度も上海近郊を訪れ高層マンションの建設現場の異常な多さと、ある綺麗な街を指して「この街には何でも有る、無いのは人だけ!」と言う新しく出来た無人に近い街を見るたび・・・

この国は一体どうなるんだろう~って正直恐怖に似た感じを受けることがしばしば有ります。

コメントする

月別 アーカイブ