近代小説は、スタンダール1830年作『赤と黒』が、オペラや芝居の台本の心理描写的ト書き部分をどんどん膨らませて、セリフよりもはるかに多くなったことにはじまる。
しかし、現実世界においては、われわれは自分の動機もわからないまま行為に移っていくことのほうが多く、内面の論理とは異なる行動をするものだ。
‐[1963-] 宮城県仙台市出身の思想史研究者 片山杜秀 20149月の言葉‐
僕は最近、片山杜秀先生にはまっている。
片山先生の2012年著『未完のファシズム ~「持たざる国」日本の運命~』をいま読んでいるが、たいへんおもしろい。
この日本の問題点の根源が、教科書でもあまりふれられない第一次世界大戦での日本の姿勢にあるという問題定義は、この人の歴史的センスをあらわすものだと思う。

もともと「文藝春秋」などで片山先生の意見を読み、押さえるポイントが鋭いところに興味をもったのがはじまりだ。さきほどの『未完のファシズム』と併読してる同氏の『国の死に方』もおもしろい。

世の経営者や管理職諸君! 元気の出る啓発セミナーや、どなられる経営者セミナーをありがたく受講するのもいいけどね、こういう本を読んで内省的に思考するのも大事だよ。

何年たっても自己啓発できなくてなやんでいるでしょう?無理やり笑顔をつくっても組織は明るくなりません。
本当に経営をしたことのないセミナー講師にはこう言ってあげましょう。「おまえがやってみろ!!」ってね。

結局、自分で内省的に気付くしかないんですよ。セミナーや研修でできるのは自分を補完するものであって、セミナーや研修で自分の本質は変わりません。それはイデオロギーに染まるだけなのです。
片山先生の言うように、人間は大方、小説のように「考えて行動」なんかしていない。

ほとんど「無意識に行動」して後付けで都合のいい言い訳をしているにすぎない。
だから・・・日ごろから考える訓練が必要なんです。
だから・・・読書が重要なんです。
「本を読んでものを考えた人と、まったく読書しない人とは明らかに顔が違う」とは小泉信三先生の言葉です。


追伸ですが、最近のワカモノは小説を読まないと嘆く人がいますね。
ワカモノの立場にたつとなんとなくわかる気もするんです。小説は説明がくどい。漫画やアニメはそれを表情の描写だけで吹き出しは「・・・・」となっていたりする。

その「・・・・」の中身は読む人の自由です。ここに本質があるのかもしれない・・・・。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.q-bic.net/mt4/mt-tb.cgi/2269

コメント(9)

元山陽子さんいらっしゃい!

8月31日のブリスヴィラ波佐見へのご宿泊本当にありがとうございます!僕もお会いすることを楽しみにしています。
じゃらんでの高い評価もホテルスタッフ一同喜んでおります。
今後ともよろしくお願いいたします。

修ちゃん、じゃらんの泊まりたいホテルNo.1、おめでとうございます。本当に、私も自分の事のように鼻がたかいです。今回、台風接近中の為、ブリスビィラに泊まるのは、8月31日になりましたが、楽しみは、あとにとって置いた方が、楽しみも2倍になるのではと思っています。31日には、修ちゃんとお逢い出来たらと思います。友達にも、教えておきます。本当におめでとうございました。泊まるのを、楽しみにしています。

元山陽子さん、おはようございます。
ブリスヴィラ波佐見の宣伝までしていただいてありがとうございます!
そして・・・なんとブリスヴィラ波佐見が旅行サイト「じゃらん」の泊まりたいお部屋九州第1位になりました!\(~o~)/

これというのも元山さんはじめ皆様のおかげだと感謝しています。
本当にありがとうございます!今後ともよろしくお願いいたしますね!

元山陽子さん、ブリスヴィラ波佐見では楽しんでくださいね。
僕も元山ご夫妻に会えないのはさびしいけど、こうやってブログコメントでいつもお話しできるのは楽しいですよ。

こんにちは。修ちゃんに逢えないのは、残念です。でも、女将さんには、逢えるかな?楽しみにしています。早速、月曜日には、船の予約をしようと思います。温泉とスイーツ大好きなので、楽しみにしています!

元山陽子さんいらっしゃい!
さっそくご主人さまとブリスヴィラ波佐見にいらっしゃるとのこと!!ありがとうございます。
毎年恒例の千羽鶴もありがとうございます。責任もって献納させていただきます。
7月17日ですが、その日は私が所用でいないのですよ。
たいへん申し訳ございません。しかしながらスタッフが対応させていただきますのでよろしくお願いいたします。

いつもいつもありがとうございます。

修ちゃん、遅くにこんばんは。だいたいの7月17日の日程がわかりました。2時台の竹松駅発、快速電車で行きますので、3時過ぎには、そちらにつきます。4時半頃、お二方にお会いしたいのですが、いかがでしょうか!?女将さんにも修ちゃんから、そのこと、お伝え下さい。私が、電話した時にいないと困るので。(^^)宜しくお願いします。女将さんと修ちゃんにあうのを楽しみにしています。そして、今年も、千羽鶴の方、参加させて頂きました。私の、ウェザーニューズのお友達の折った鶴(初めて折ったそうです。)も画像にして、テンプレートして貰って、私のハンドルネーム、花LOVEで参加します。見てあげて下さい。また、7月17日、4時半頃、お逢いしましょう。主人も楽しみにしています。

元山陽子さん、いらっしゃい!
ぜひいらしてください。女将も東京へ帰ってる日がありますので、いらっしゃりたい日程を教えていただければ女将も僕も合わせることができますよ!

長崎の当社ホテルをよく知るかたにとって、ブリスヴィラ波佐見はぜんぜん違ったイメージですから、ちょっと驚くかもしれませんね。
いつも応援してくださる陽子さんに感謝です!!

こんばんは。修ちゃん。私もなんとなく、この先生が言っている事、少し分かるような気がします。考えてみると私も、あとさき考えず行動しているような気がします。そのことはさておき、先日、ちょっと商工会議所に用事がありまして、出掛けたところ、窓口でブリスビィラ波佐見のパンフレットを見つけました。嬉しくなって、商工会議所の事務員さんに宣伝しておきました。いつか行ってみて下さい。といったら、そうですね、休みがとれたら、是非、行きたいと行っていました。泊まってくれるといいですね。私が行く日、修ちゃんと、女将さんと是非会いたいです。そして、是非、女将さんのお点前を受けたいと思います。お作法を勉強しておきます。あまりに、商工会議所にパンフレットが置いていたのが嬉しくて、メールしました。ブリスビィラ波佐見でお二方に逢えるのを楽しみにしています。それでは,お元気で。

コメントする

月別 アーカイブ

携帯サイト

QRコード

Twitter

バイカー修ツイッター

facebook

九州教具facebookページ

最近のコメント