九州教具株式会社

社会貢献平和への取り組み

peace_title.jpg
 ホテル事業部では宿泊されたお客様に折っていただいた折り鶴を、毎年8月9日(長崎原爆の日)に奉納する活動を続けております。
長崎市内のホテルには、被爆地・長崎で生まれ育ち平和教育を受けてきたスタッフも多く、2006年、ホテルクオーレ長崎駅前の一人の女性スタッフの「長崎らしい思い出作りと平和について考えるきっかけになれば」との想いから始まった取り組みです。
ホテル事業部として取り組み始めて10周年となる節目(2016年)にこの活動を九州教具全体の活動として取り組むことといたしました。

peace_photo2014.jpg

活動の原点

長崎新聞@コラム 「折鶴が運ぶホスピタリティ」 寄稿:副社長 船橋佐知子これまでの活動

これまでの活動

ホテル事業部 平和への取り組み

2008年にはソリューション事業部も参加しました。