九州教具株式会社

社会貢献SDGsへの取り組み

「誰かの小さな笑顔」のために

企業の最も重要な価値は「永続性」だと私たちは考えています
企業が永続するためには 常に「人々の役に立つ存在」であり続けることが求められます
人々とはお客様だけではありません
社員の皆さんとそのご家族 地域とそこに暮らす皆さん 未来を担う次の世代にとって
役に立つ企業であり続けなければならないと考えています

1950年に設立した私たち九州教具株式会社は 「愛の鉛筆運動」※1のために設立された会社です
「誠実にして正確を旨とし社会に貢献すべし」(1955年)という社是のもと
私たちは正しい商売を行い 地域社会の役に立つべく約70年の年月を過ごしてきました
今を生きる私たちは「どう社会に貢献するか」という新たな理想を考える羅針盤として SDGsを考えています

私たちの理想は 永続する=サステイナブル な企業となることであり
ともに働く一人ひとりが社会に必要とされる人財となることです
その為に私たちは SDGsを通して
お客様が 社員が 地域が 
私たちにかかわるすべての人が笑顔になれる
「具体的な理想」を描いていきます。
具体的な理想を描けなければ その未来を手に入れることはできません

私たちはひとりひとりが「誰かの小さな笑顔」のために本気で考える企業であり続けます

※1 愛の鉛筆運動とは1950年から55年にかけて視覚障がい者の読書及び教育環境改善を目的とする募金活動です。
   「愛の鉛筆」と名付けた鉛筆を販売し、特別支援教育に必要な資金に充てられました。
   福岡盲学校から始まり1都2府15県で取り組まれ、九州教具は各地へ愛の鉛筆の供給を担いました。

5つの重要課題と取組項目

九州教具グループでは地域に根差した持続的成長の観点から以下の重点課題を特定しSDGs達成に向けた取り組みを行います。

1.女性活躍・ダイバーシティ・社員教育

我が社はこれまでも女性活躍推進(特に子供を持つ社員への支援制度など)や外国人の採用などを積極的に行なっており、今後さらに女性活躍社会の実現、ダイバーシティの推進に注力いたします。単に「女性管理職率」「外国人社員率」といった数字上の目標ではなく、性別・国籍などに縛られず全ての社員が誰も取り残されることなく個々の能力を活かし生き生きと働ける環境づくりを目指します。

主な取組項目

●公正・公平な人事評価制度の導入
●事業部間交流制度の確立
●育休・介護休暇等の休業制度の周知及び取得促進
●学習・資格取得の支援

2.生産性向上

社員自らが主体性をもって労働生産性の高い職場環境を実現し、これにより獲得するノウハウをお客様へと還元し、地域の働き方改革の実現に貢献することを目指します。私たちは、労働生産性の向上は収益的ベネフィットだけでなく、ワークライフバランスの推進により結果として地域の活性化にまでつながるものと考えています。また、Q-bicホテルズにおいては労働生産性向上により生まれる余力を活用し、地域の観光政策への積極的な協力及び地域活性化への貢献を目指します。

主な取組項目

●社内労働生産性向上とノウハウ蓄積
●労働生産性向上の地域への提案
●持続可能な観光業の促進

3.環境課題への貢献

九州教具ウォーターネット事業にて、安心・安全なミネラルウォーターを製造・販売することで、災害時の備えとしてお客様へ「ローリングストック」の提唱を行い、持続可能な循環型社会への実現を目指します。
Q-bicホテルズの料飲部門では、食品ロスの軽減に向けた取り組みを開始します。

主な取組項目

●災害時の水不足対策
●食品ロスの減少

4.平和社会への実現へ向けて

被爆地長崎の地で「長崎らしい思い出作りと平和について考えるきっかけになれば」というホテルスタッフ思いから、当社運営ホテルに宿泊されたお客様に折り鶴を折っていただき、毎年8月9日(長崎原爆の日)に献納するという活動を2006年から実施しています。県外・海外からのお客様に参加していただくことで戦争・核兵器のない世界を目指します。

主な取組項目

●ピース折り鶴プロジェクトの継続による平和啓蒙活動への貢献

5.教育ICT普及の支援

2020年度から、「論理的思考力」や「課題解決力」を高めることを目的に、全国の小学校でプログラミング教育がスタートします。九州教具株式会社Q-bicソリューションズでは、教育ICTソリューションの販売だけでなく、長崎県内の教育機関への情報提供・導入支援等を行い、効果的な教育ICTの普及を目指します。

主な取組項目

ICTソリューションを活用した教育環境の提案及び導入支援

 

 

資料ダウンロード

  >> 【プレスリリース】九州教具SDGs取り組みについて.pdf
  >> 九州教具グループSDGsパンフレット.pdf

 

波佐見町で生れた≪折鶴焼≫のSDGsバッジ

九州教具ではSDGsの社内外への周知啓蒙活動のため、磁器によるSDGsバッジを制作しました。
このバッジは、「陶磁器の町」長崎県波佐見町の一般社団法人 金富良舎(こんぷらしゃ)が開発した「折鶴焼」で制作されています。
バッジを制作するにあたり、ご縁のある波佐見町の金富良舎へ、波佐見焼でSDGsバッジを作ることができないかご相談したことが、誕生のきっかけです。

長崎原爆資料館などに全国・世界から平和の想いを乗せて寄せられる折鶴は年間数トンにもなります。「折鶴焼」とは、これらの折鶴を金富良舎が譲り受け、燃やし凝縮された灰を釉薬に混ぜて焼成したものです。黒い斑点が付いていることがありますが、これは焼成時に折鶴の灰が燃えた跡で、「折鶴焼」の特色です。
「折鶴焼」で焼きあがったこのバッジを手にしていただいた皆様がSDGsの目標16「平和と公正をすべての人に」について考えていただけると幸いです。

>> 一般社団法人 金富良舎 折鶴焼について